保育者研修

2020.10.31/京都府京都市/ののはな保育園様/保育者研修会

概要

場 所 :京都市北青少年活動センター(京都府京都市)

日 時 :2020年10月31日

時 間 :13:30〜15:30

タイトル:おもろイズム®︎研修会「 動いて笑ってじゃんけんポン! 」編

参加者 :保育士23名

研修会の様子

まずは研修の目的を共有
じゃんけんゲームで楽しいを体感!
チームで息を合わせてじゃんけんぽん!
目線が変わるだけで、出会う嬉しさが倍増!?
自身の気づきをグループでシェアします。
グループで話したことを全体でシェアします。
最後にエピソードを交えてまとめをします。

ご参加くださった方々の感想はこちら

講話の段階で保育に対する考え方や意識が変わったのでとてもためになった。「おとなの楽しい」を聞いて、いつもは「子どもの楽しい」ばかりを意識しすぎて時に自分自身が楽しめない、楽しめていないこともあった。今回の講話で気持ちが楽になりもっと子どもたちと楽しい保育ができると感じました。ありがとうございます!!

楽しかったです!! 前回保育園の子どもたちとリーベの運動あそびをしていただいた際に子どもたちがのびのび楽しそうだなと感じていたのですが今回の研修での話を聞いて、なるほどを前回の子どもの姿と合わせて楽しく学べました。日々の保育内容も子供が楽しめるには、と考えてるが難しく考えすぎなのかなと…。もっと簡単に楽しめる環境を作りたいと思いました。

子どもの「楽しさ」を決めつけず、見守り寄り添いながら、私自身も仕事も子育ても楽しんでいこうと思った。早く子どもたちに会いたくなった。私自身も子供の楽しさをより多くキャッチしていき、一緒に楽しみたいです。

私自身保育する中で”やらないといけない” ”しないといけない” ということを考えると色々やること自体がイヤになるので、楽しさを基本にすれば何事も楽しいで終えられるなーと思いながらやってきていました。改めて子どもたちにも”楽しい”と感じてもらう小tが大切と学び、「次はどんなことをしようかな?」と考えることが楽しみになりました。

実践研修も講話も考えさせられるものばかりで、日々の保育を見直せるきっかけとなりました。”子どもも楽たのしい”と”おとなのたのしい”がかさなると、とてつもなくたのしい!大人も楽しむことで、さらに子どもの楽しさが広がり、学びや、成長にも自然とつながる、すごく胸にささりました。貴重な時間をありがとうございました!!

ご参加くださったの皆様
素敵な時間をありがとうございました!


Spread the love
前の記事 :
次の記事 :