できるようになったから捨てられる

今さらに気づいたこと

しょっぱな、セネガル文化の記事を書いたことを皮切りに、気づけば関連する内容を4つ書いていましたね。

今気づいた。びっくりぽん。
一応、下記にバックナンバー

●区別に執着しないようになるには、区別ができるようになるべし!

セネガル代表の強さの秘密、テランガって知ってますか?

●力を抜くためには、力を入れる遊びをすべし!

力を抜くためには、力を入れるが大事

●落ち着かせたければ「興奮できる」活動をすべし!

落ち着きない子が落ち着く!?興奮むき出しワクドキタイムの効果!

●「動」の質を高めたければ「静」を意識すべし!

静を制して動を活かす

これらの内容について先日、仲間のキャンディーコーチこと小林拳大に話をしていると、
全部ひっくるめて彼がポツッとこう言うたんです。

できるようになったから捨てられるんですね。

リーベ加入わずか3ヶ月
の男の発言に私、

ナールーホードー!!!

と、超絶、共感。

キャリアとか年齢とか立場とか
関係あらへん。教えてもらいやした。
あざっす。

で思い出したんです。

少し前までめちゃくちゃお気に入りで
使っていたサックス奏者チャーリーパーカーの名言。

まず楽器をマスターし、音楽をマスターする。それから全部を忘れて演奏するんだ

スクリーンショット 2018-06-29 22.47.22

この名言から、色んなことを感じ
色んな現場で活かせると思うのですが

できるようになったから捨てられるんですね。

というキャンディーコーチの言葉になぞらえるのであれば、こう言い換えられる。

楽器をマスターし、音楽をマスターすることができた。だからこそ全部を忘れて演奏できるんだ。

自分もそう

運動の専門、体の専門。。。

運動あそびのコーチというだけで
付き纏ってくる立場。でも

楽しいだけでええねん!

とその当時からずーーと思ってたので、リーベ開業当初は、運動のこと、体のことを少し蔑(ないがし)ろにしていた。というより逃げていたのかも。

でも現実は、楽しいでええねん!だけでは不安になり、結局それだけでは突き進めなかった。

それから、
運動のこと、体のこと自分なりに気が済むまで勉強してみた。

ひたすら理論。
いわゆる理詰めってやつ。

そうすると、驚くことに

楽しいだけでええねん!!

を自信を持って言い切れるようになったんです。

勉強した理論なんて、求められらときに使うぐらいで、自分からはほぼ使わない。

まさしく、

できるようになったから、捨てられる。

ってやつですね。

キャンディーのやつ
なかなかええ事いいよる。
くそっ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :