セネガル代表の強さの秘密、テランガって知ってますか?

先日のW杯・日本代表VSセネガル
皆さん、見ましたか?

指導先の園で先生に
みました?と聞くと、こぞって皆さん

見たよ見たよー!!朝起きてニュースで!

と超笑顔で返してくれますが
うん、それ見たって言わないよね。

ま、そんなことは
どーでもええんですが
先日、
W杯にまつわるコラムを読んでいて
セネガルには「テランガ」という
文化があると知りました。

テランガとは

=おもてなし。

知り合った人を家に招いてくれたり、
ご馳走を振舞ってくれたり切り分けてくれたり。

27330176_2016767118590428_690029335_o

そして帰り際には
これ持って帰りなさいと自分の部屋から
服を持ってきプレゼントしてくれたりと。

セネガル人はそんな風習を持つそう。

テランガは平和の鍵としても

読んでいたコラムには
こんなことも書いてありました。

セネガルでは、「自分のもの」と「他者のもの」という区別自体が、あまり大きな意味を持っていないのかもしれない。セネガル社会の中で、ものを共有するということは、親しさの象徴のような意味を持つということもあるのか。

その認識がセネガルという国の平和の鍵だとか。

サッカーでも
「自分のミス」と「他者のミス」の区別自体、大きな意味を持っていないのかな?

それが骨の髄まで浸透しているとしたら
確実に「強さの秘密」ですよね。

子どもの成長の過程で

我々が関わっている
乳幼児期の子どもたちを見ていると

自分のもの他者のもの
という認識が芽生え始め、

ものの取り合いの喧嘩
がそこら中で始まり、

でもまたその時期を越えると
自分だけのものじゃない
って気づく場面も増えてくるような。

セネガルの子どもたちも

確かに最終的には「自分のもの」と「他者のもの」という区別自体が、あまり大きな意味を持たないようになるのかもしれません。

でも間違いなく初めは
区別できることに大きな意味
を持っているはず。

区別することができるようになったから
区別に対して執着しなくなる。

そんな過程なのかなって思います。

人間の成長って
他にもそんな過程があります。

力を抜くためには、力を入れるが大事

最後に、
かなり大きな話になりますが
子育て=平和の礎
ですね。絶対そう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

[DISPLAY_ULTIMATE_SOCIAL_ICONS]
前の記事 :
次の記事 :