落ち着きない子が落ち着く!?興奮むき出しワクドキタイムの効果!

興奮過程が強く育って
それに見合う抑制過程も育つ

前回記事では

動きがぎこちなく、
体の力をうまく抜けていない…

そんな子も多い現状に、

体の力を抜きましょーーー!

では力は抜けへん。ならどうするか?

気になる方はこちらをクリック!

力を抜くためには、力を入れるが大事

で、同じような話を
もういっちょ。

抑制と興奮

最近よく耳にする「落ち着きがない子」。

もはやその落ち着きの無さは
クラス単位の場合もあるのだとか。

c0731722836dbd6e4aeee952060524d8_s

で、少しニュアンスが違う気もするが、
今回は、落ち着きの無さを「興奮」という言葉でひっくるめることとする。

興奮している子たちに対して
興奮しないように興奮しないように抑制する

できるだけ落ち着いて
授業に取り組めるように。

これが一般的な対応

神奈川県の小学校での活気的な取り組み

そんな中、毎朝の取り組みとして
20分〜30分間

ワクドキタイムという、じゃれつき遊び!の時間、いわば興奮むき出しの活動を取り入れた小学校があったそう。

落ち着きがない子たちに対して
敢えて落ち着かなくて良い時間を!

結果はというと…

朝の活動で子どもたちがしっかり興奮できた日ほど
その後の生活が落ち着くんです。

という現場の先生の声。

興奮過程が強く育って
それに見合う抑制過程も育つ

要するに

抑制過程を育てるためには
抑制を強めるのではなく、
むしろ興奮過程をしっかりと取り入れることの方が大切だということ。

なんや面白いですね。

自分が小学生の時を思い出すと…
朝の活動は10分間読書やったような。

ワクドキタイムがあったら
どうなってたやろうかね。ハハハ。

落ち着かなくて困ってる!っていう先生は
朝にワクドキタイム取り入れてみてはどうですか??

そういえば、リーベの運動あそび後は
落ち着いてるんやろうか。。

終わってすぐ、
寝てたクラスは見たことあるけど。笑

補足の記事も書きました。
「興奮」の意味が間違って伝わらないように。。。

ドキドキ・ワクワクする活動が落ち着きを生む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

[DISPLAY_ULTIMATE_SOCIAL_ICONS]
前の記事 :
次の記事 :