保育士が「楽しい」と感じる瞬間とは?

保育士が楽しいと感じる瞬間とは?

周りの保育士の方に聞いたこの質問。
答えは様々でしたがその一部をご紹介~。
(あくまでも個人リサーチの結果なのでご理解下さい~)

・子どもと、しょーもない話をしてケラケラ笑い合っているとき

・子どもがアホ~なことを嬉しそ~にしてる姿、子どもらしい姿を見てるとき

・子どもらしい姿を大人同士で「かわいいやっちゃな~」と共有しているとき

・子どもと一緒に走ったり、真剣勝負したり、のんびり寝転がったり、自由に遊べる時間

親の立場としても共感

家庭での時間で、
自分が楽しいな~と感じる瞬間も
まさに一緒でした。

・息子・娘と、どーでもいい話で笑い合ってる何気ないひと時

・毎晩、意味不明なダンスを得意気に披露する娘、息子を「アホやな~」と笑いながら家族で眺めているとき

・一緒にサッカーしたり、ラグビーしたり、とにかく同じ活動をしているとき

アホやな~(笑)のエピソード

ちょうど昨日の運動あそび中、

ボールを使って遊んでいたら、
一人の男の子がボールを2つ抱えて
動いていない。

s__20832259

どうしたん?
と声を掛けると
ニターっと笑ないながら

おっぱい。

と一言(笑)

とりあえず担任の先生の所に
一緒に行って

〇〇くん、なんか言うてはりますけど?(笑)

担任の顔が見てみたいな~

なんて言いながら
担任の先生と笑い合っていました。

そんな何気ないひと時が
思えばなんだかすごく楽しいし
好きな時間…笑

大人にとっても楽しくて好きな時間になりたい

リーベの運動あそびの時間が
大人にとっても楽しくて好きなひと時になればいいなーなんて思っています。

それを実現するためには
運動あそびという場が

①子どもが自由にありのままを表現できる(子どもらしさを引き出せる)
②その表現を受け止め認める仲間がいる(共有できる)
③保育士も自由な行動がとれる(一緒に遊べる)

であることが必要かなー
と思います。

(実現するためにリーベで取り組んでいる仕掛けは、いろいろあるのでまた後日ご紹介するとして…)

大人の姿は子どもに映る

2011年開業以来5年間
滋賀県・京都府・大阪府・岐阜県・三重県・島根県・愛知県…

さまざまな保育園・幼稚園・こども園の
さまざまなクラスで

のべ3万人以上の子どもたちと
関わってきて
強く感じていること

それが

大人の姿は子どもに映る

です。

大人が楽しい!と感じ、笑っている空間ほど、
楽しいと感じてる子どもが多いです。

だから
保育士、私たち指導者も楽しい!
という視点が
もっともっと必要だと感じています。
この幼児体育の業界でも。

めざせ!
子どもも大人も楽しい運動あそび!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびの指導者仲間ブログ紹介
ーそれぞれが熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :