*

深い記憶は、今、その瞬間に夢中になっていた証拠。

   

スクリーンショット 2018-07-29 16.58.08

 

夏の甲子園出場に向けて
各地域で熱戦が繰り広げられている。

 

今日付の朝日新聞「天声人語」には
こんな記事が載っていた。

かつての高校球児たちと話して驚かされるのは、

試合で打った球種や監督の言葉を克明に覚えていることだ。

甲子園をめざして一心に打ち込む分、記憶が深くなるのだろう。

 

我々の運動あそびでも

数ヶ月ぶりの運動あそびでも

子どもたちはビックリするぐらい、前回の内容を覚えている。

 

 

フープを見ただけで

クジラさん、今日はお腹痛くない!?

と聞かれることは、しょっ中だ。

 

 

高校球児が甲子園を目指して
一心に打ち込む分、記憶が深くなるように

 

きっと子どもたちも運動あそびに
一心に打ち込んでくれたのであろう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

甲子園を目指すのと同じぐらいの
運動あそびってことかな。

 

いや、怒られそうやな(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

で、

 

運動あそびに打ち込む
と言うと何だか変な感じがするが

 

要するに

今、この瞬間に夢中になる!

「今」を味わい尽くす!

そんな言葉が当てはまるだろうか。

 

 

そして私自身、今でも覚えている子どもの頃の深い記憶は、きっと、

 

その瞬間に夢中になっていた証拠
であろう。

 

大人になると

どうしても
過去のことに影響されたり
未来のことを気にし過ぎたり

 

今を十分に味わえない

そんな場面が増えている気がする。

 

その分、記憶違いや、覚えてない♩
なーーんて状況も多くなるのだろうか(笑)

 

リーベが目指す理想の保育士研修

先日実施した保育士研修

IMG_4832

にご参加の保育士の方が、
後日、

 

わざわざこんなメールを下さった。

童心に返り、楽しい時間を過ごせました。時間を忘れるような。子どもたちもいつもこんな気持ちになっているのかな?

 

 

童心とは、まさしく!

今、その瞬間に夢中になっている

そんな状態を言うのかな。

 

 

そしてそんな状態が続いた先に、
気づけば成長している。

 

 

だから、子どもは
グングン成長するのだろう。

 

大人こそ
今、この瞬間に夢中になる時間
がもっともっと必要。

 

そう思ってます。

 

 

大人の記憶に残る研修会。

 

数ヶ月後も、数年後も、ずっとずっと。

 

そんな研修会を我々、極めていきたいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベのPVが完成しました★
YouTubeに掲載中ですので是非ご紹介等にご活用くださいね♪

ご出演の皆様ありがとうございます。

リーベPV
https://youtu.be/aADRv_KhJBw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

■リーベの公式HP

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな園内研修を取り入れてみませんか?

明日からすぐに実践可能な「楽しい体づくりのアイディア」が得られる【園内研修】はいかがですか?

■このような悩みを持つ園や先生に!
・毎日の生活・行事に追われてなかなか運動あそびを取り入れてあげられない
・場所も道具も無いので取り入れられない
・具体的にどのような動きが子どもの発達に良いのかわからず取り入れられない

■選ばれている理由
①3つの不要!場所・用具・準備時間
広い場所も、特別な用具も、準備時間も必要のないアイディアを得られるので、明日からすぐに実践できます。

②毎日の生活の中で無理なく継続
各園の生活に合わせたアイディアを得られるので、普段の生活を崩すことなく(無理なく)毎日継続できます。継続できるからこそ、子どもの体が育ちます。

③先生自身が楽しみながら学べる
楽しいゲームを通じて、先生が実際に体を動かしながらの「体験型研修」なので、遊び感覚で楽しみながらアイディアを得られます。

■実際に体験された保育士さんのお声
・何気ない生活の中でちょっとしたアイディアをプラスするだけで様々な体の部分を使った遊びが広がることを教えてもらいました(京都市内・保育士)

・運動用具をわざわざ準備しなくてできること・・気持ち的に楽になった。(島根県内保育士)

・実際に大人も体を動かすことで、どういう力を使ってどこを鍛えているのかを意識できてよかった。全身を使い、笑い、とても楽しく汗をかきました。あっと言う間でした。(大原野こども園・保育士)

14961413_1134551333308359_1666814017_n

14962257_1134551336641692_395717267_n

お問合せ・お申込み
050-3482-2137(事務所)

(つながりにくい場合は)
090-6207-5218(代表・阪田)

メール
info@liebe-japan.com

 

 - ふとした気づき