スマートフォンやタブレットのあるこの時代に生きる私たちが考えるべきこと

例えば
画面を触るだけで
文字が書ける
文字を消せる

でも本来は
鉛筆を握り、文字を紙に書く
鉛筆の先が丸くなれば削る
紙を押さえ、消しゴムを擦り、文字を消す

本来を知っているから
スマートフォンが便利に思える

でもその本来を知らなければ、
便利ではなく当たり前になる

当たり前が変わっていくことが発展なのか?

ならばその発展のせいで「本来」も変わっていく。というより消えていく。

もうこれからの子どもたちは
文字は鉛筆で書くものだ、という本来はなくなるのだろうか。

なんやコラムみたいになりましたが
この本読んで、いっぱい感じました。

350_Ehon_37477

詳しくはまた次回。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :