「嫌な気持ち」の正体

前回の記事で

アイメッセージが使えました~!

とお伝えしましたが、、、

アイメッセージを言えた場面

川西未来子さんに記事を読んでもらうと

嫌な気持ちになった!では浅いねんな~

なぜ嫌な気持ちになったのか。

自分の「本当の気持ち」に気付いてないんとちゃうか?

と言われ・・・(笑)

見えるまで繰り返した自問自答

くそじじぃ!

っていう言葉が嫌やったのか?

誰がじじぃやとぉ!!

おれはまだ若いのに、じじぃ!って失礼な!!

なんて、

まーーたっく思ってない。

じゃあ何がイヤやったんや?自分!!

・・

・・

自分に問いました。

そしてついに!!
ふと自分の本当の気持ちに気付きました。

気付くことのできた「嫌な気持ち」の正体

私は、
リーベ式運動あそびを通じて

絶対、全員を楽しませる!

と強く思って指導をしていたつもりやのに、

ある一人の子どもから「くそじじぃ!」と言われたことで、

この子はアフロコーチ(自分)の事が嫌いなのかな?

ということは、今まで運動あそびが楽しくなかったんか?

運動あそびが「嫌な時間」でやりたくないから、クソじじぃ!って言ってアピールして抵抗しているのか?

と勝手に
思いこんでしまっていました。

%e3%80%8c%e5%ab%8c%e3%81%aa%e6%b0%97%e6%8c%81%e3%81%a1%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%ad%a3%e4%bd%93

その結果として

悲しくなっていた自分
嫌な気持ちになっていた自分

に気付くことができました。

ということは・・・

改めて気付くことのできた「自分の想い」

嫌な気持ちの正体に気付くことができたことで

自分の想いも改めて見えてきました。

それは・・・

全員を楽しませたい!

という強い想い。

今すぐでなくってもいい。
でも、一人でも楽しそうじゃない子がいたら気になる。
無理に、何が何でも楽しませよう!
とはしませんが

いつの日か「運動あそび」を通じて

楽しい!もっとしてみたい!

という気持ちになってほしい。

この幼児期に

楽しい経験
いっぱい積み重ねてほしい!

それは
ただ子どもたちを楽しませるだけじゃない。

すでに苦手意識のある子も
不安な子も
支援が必要な子も

みんな!!

が楽しい!を絶対に感じてほしい!

自分自身がこれほどまでに

みんなが、全員が、どんな子でも!

にコダワッテいたのか
改めて気づくことが出来ました。

だから、
たった一人の子どもに
くそじじぃ!と言われたことが嫌やったんや。。。

納得。。。

子どもに感謝

嫌な気持ちになった。。。

その根本には

みんなを!全員を!どんな子でも!
楽しませたい!

という自分の強い想い
があり、

その想いがあるからこそ
クソじじぃ!と言った子どもに対して

楽しくなかったのかな?

運動あそびが嫌な時間になっているんかな?

という自分の不安無力感を感じたくなかった

=(イコール)

嫌な気持ち

に繋がってた。

で、やっぱりそれは
自分の思い込み。。。

子どもは僕に
無力感を味わわせたのではない。

ただただ構ってほしくて言っただけ。

でも

・子どもが言った
・(自分が)嫌だと思った

ことで
自分が大切に思っていること
気付くことができました。

その子に感謝。

自分の嫌な気持ちにも感謝。

アイメッセージって深いですね。。。

アイメッセージを使う
ということは、

自分の心の奥の正直な気持ちに向き合う
ということなんですかね。

それがわかった後はめちゃくちゃ

スッキリ!!

でした~~

川西未來子さんについて
ブログのご紹介↓

http://ameblo.jp/rakubi-coco/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびの指導者仲間ブログ紹介
ーそれぞれが熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :