*

ジャンケンは何度も〇〇を合わせる魅力的な遊び

      2018/01/06

スクリーンショット 2018-01-05 23.56.29

 

〇〇に入るものはズバリ3つ!

目・声・タイミング

 

この時代の子どもたちにこそ必要な、とっても魅力的な遊びだと思いませんか?

 

自然と3つの要素を合わせるジャンケン

意識しないと気づきにくいのですが

 

ジャンケンする時って
自然と目を合わせようとするんです。

する前、した後、個人差はありますが。

 

それから声も。

地域によって掛け声は異なるので、出身地の違う人とジャンケンをする時には、なんとなく合わせようとして、でも互いの声が合わず「やりにくさ」を感じた経験のある人もいるのでは?

ちなみに私の地元・京都は「じゃ〜い〜け〜ん〜で、ほ〜〜いっ」とスローペース。

 

そして最後にタイミング。

互いの手を出すタイミングがズレれば不公平になってしまう。これはルール上、同じタイミングで出さないといけないので絶対合わせますね。

 

とまぁ、こんな具合で実はジャンケンをする時って、自然と3つの要素を合わせようとするんです。

 

そしてこの3つの要素ってコミュニケーションの基本なんです。

 

を合わせ、を掛け合い、互いのタイミング(呼吸)を感じ取る。

 

この時代の子どもたちにジャンケン遊びが必要な理由

子どもたちに楽しい遊びは?を聞くと必ずと言っていいほど、DSやタブレットで行う「ゲーム」が出てきます。

子どもにとっては確かに楽しいんだと思います。

 

でも友達同士、隣にいるのに、目も合わさず画面を見続ける。

会話もするが、やっぱり視線は画面のみ。

6b09dd9cbea97139424a9b9f1aac76fd_m

 

今や、、幼少期にある子どもでさえ、スマホ、タブレットを操作している割合は45%だそう。

保護者の子育てにも、スマホやタブレットはかなりの頻度で登場する。

 

また、LINEやSNSがコミュニケーションとして小学生にも広く認識・活用されている。

 

そんな環境にいる現代の子どもたちが、目の前の人と、実際に目を合わせ、声を合わせ、タイミングを合わせる。

しかも楽しみがら何度も、何度も

それがジャンケン。

 

 

目の前の仲間と、実際に関わることがこんなにも楽しいんだ

ということを、子どもたちに体感してもらうためにも、ジャンケンは魅力的かつ貴重な遊びなのかもしれません。

 

最後の気づき

小学生とのジャンケン遊びの中で

実は実は、少しだけ子どもたちの活気(楽しさ)が無くなった場面があったんです。。。

 

当初は

疲れてきたのかな?

なんて呑気に考えていましたが、振り返ると原因がわかりました。

それについては次回の記事(ジャンケン最終章)で〜

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベのPVが完成しました★
YouTubeに掲載中ですので是非ご紹介等にご活用くださいね♪

ご出演の皆様ありがとうございます。

リーベPV
https://youtu.be/aADRv_KhJBw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

■リーベの公式HP

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな園内研修を取り入れてみませんか?

明日からすぐに実践可能な「楽しい体づくりのアイディア」が得られる【園内研修】はいかがですか?

■このような悩みを持つ園や先生に!
・毎日の生活・行事に追われてなかなか運動あそびを取り入れてあげられない
・場所も道具も無いので取り入れられない
・具体的にどのような動きが子どもの発達に良いのかわからず取り入れられない

■選ばれている理由
①3つの不要!場所・用具・準備時間
広い場所も、特別な用具も、準備時間も必要のないアイディアを得られるので、明日からすぐに実践できます。

②毎日の生活の中で無理なく継続
各園の生活に合わせたアイディアを得られるので、普段の生活を崩すことなく(無理なく)毎日継続できます。継続できるからこそ、子どもの体が育ちます。

③先生自身が楽しみながら学べる
楽しいゲームを通じて、先生が実際に体を動かしながらの「体験型研修」なので、遊び感覚で楽しみながらアイディアを得られます。

■実際に体験された保育士さんのお声
・何気ない生活の中でちょっとしたアイディアをプラスするだけで様々な体の部分を使った遊びが広がることを教えてもらいました(京都市内・保育士)

・運動用具をわざわざ準備しなくてできること・・気持ち的に楽になった。(島根県内保育士)

・実際に大人も体を動かすことで、どういう力を使ってどこを鍛えているのかを意識できてよかった。全身を使い、笑い、とても楽しく汗をかきました。あっと言う間でした。(大原野こども園・保育士)

14961413_1134551333308359_1666814017_n

14962257_1134551336641692_395717267_n

お問合せ・お申込み
050-3482-2137(事務所)

(つながりにくい場合は)
090-6207-5218(代表・阪田)

メール
info@liebe-japan.com

 - 大事にしている考え・想い