単純な遊びを5、6年生が楽しいと感じた理由

 

普段、難しいことをい〜っぱい頑張ってるからこそ、楽しかったのかな、あの単純な遊びが。

 

さて、前回記事の続き、ジャンケンという超超超!単純な遊びが、何故5、6年生にハマったのか?

前回の記事を見逃している方はこちらからお読みください↓

単純な遊びは楽しいねん

 

小学生の毎日

勉強は、どんどん難しくなっていく。

新しいこと、知らなかったことをたくさん知る。

 

最近知ったのですが、プログラミングの授業をしているところもあるそう。

310183db9e728fa8b310dad351e3deb8_m

 

遊びだって、どんどん複雑に

友達関係だって、友達との連絡手段だって複雑に。

親子関係だって、そうかもしれません。

 

加えてこの時代、飛び込んでくるのは多すぎる情報だらけ。

0f71ba28509b81ba05c2dc6a54eb60d9_m

 

もちろん、これらの状況が悪いわけではなく、成長の過程でもあります。

 

でもそんな状況に、ついていけずに苦しんでいる子不安になっている子もいたりします。

頑張って、頑張って、心が疲れている子もいたりします。

 

 

この時代の、そんな毎日を過ごしている小学生たちにこそ、必要なことって一体なんだろう。。。

 

「安心」と「楽しい」

誰もが安心して、伸び伸びと楽しむことができる環境!

子どもたちには絶対に必要。小学生にも、特に今回、高学年にこそ必要だと感じました。

 

・知っている

・すぐにわかる

・いつもと一緒

これこそ、誰もが安心して伸び伸びと楽しむことができる条件。

だからこそ、単純、シンプル!が大事なんです。

 

だからこそ、小学校にも単純!シンプル!な活動がもっとあっていい。

 

周りに複雑なことが多くなってきた時期だからこそ、少し休憩の意味も込めて、必要なんだと思います。

 

スクリーンショット 2018-01-04 22.00.47

私自身が子どもの頃、見てもなーんにも感じなかった日本庭園。

今では何故か、見ていて癒され、安心し、魅力だらけ。。。今回の記事、自分にも当てはまるんですね。

 

題材と現状のマッチ

今回選んだジャンケンという題材の単純さと、「複雑」が増えていく子どもたちの現状がぴったりマッチしたから、ここまで楽しい活動になったのかな〜

 

というのが個人的な分析でしたー!

以上!

 

と思いきや、他にも気づいたんです。。。ジャンケンの魅力。ジャンケンが楽しい理由。

それについてはこちらの記事を↓

ジャンケンは何度も〇〇を合わせる魅力的な遊び

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベのPVが完成しました★
YouTubeに掲載中ですので是非ご紹介等にご活用くださいね♪

ご出演の皆様ありがとうございます。

リーベPV
https://youtu.be/aADRv_KhJBw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

■リーベの公式HP

https://liebe-japan.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな園内研修を取り入れてみませんか?

明日からすぐに実践可能な「楽しい体づくりのアイディア」が得られる【園内研修】はいかがですか?

■このような悩みを持つ園や先生に!
・毎日の生活・行事に追われてなかなか運動あそびを取り入れてあげられない
・場所も道具も無いので取り入れられない
・具体的にどのような動きが子どもの発達に良いのかわからず取り入れられない

■選ばれている理由
①3つの不要!場所・用具・準備時間
広い場所も、特別な用具も、準備時間も必要のないアイディアを得られるので、明日からすぐに実践できます。

②毎日の生活の中で無理なく継続
各園の生活に合わせたアイディアを得られるので、普段の生活を崩すことなく(無理なく)毎日継続できます。継続できるからこそ、子どもの体が育ちます。

③先生自身が楽しみながら学べる
楽しいゲームを通じて、先生が実際に体を動かしながらの「体験型研修」なので、遊び感覚で楽しみながらアイディアを得られます。

■実際に体験された保育士さんのお声
・何気ない生活の中でちょっとしたアイディアをプラスするだけで様々な体の部分を使った遊びが広がることを教えてもらいました(京都市内・保育士)

・運動用具をわざわざ準備しなくてできること・・気持ち的に楽になった。(島根県内保育士)

・実際に大人も体を動かすことで、どういう力を使ってどこを鍛えているのかを意識できてよかった。全身を使い、笑い、とても楽しく汗をかきました。あっと言う間でした。(大原野こども園・保育士)

14961413_1134551333308359_1666814017_n

14962257_1134551336641692_395717267_n

お問合せ・お申込み
050-3482-2137(事務所)

(つながりにくい場合は)
090-6207-5218(代表・阪田)

メール
info@liebe-japan.com

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :