ジャンケン遊びは〇〇感が命!

小学生とのジャンケン遊びの中で、実は実は、少しだけ子どもたちの楽しみが失速!?した場面があったんです。。。

疲れてきたのかな?

な〜んて、その時は呑気に考えていましたが、振り返ると原因がよくよくわかったんです。

スピード感が命!

ジャンケンって、

考えて考えて、時間をかけて、何を出すか考え抜いて、

よぉ〜し!いざ勝負!

と出しても面白さはあまりない。。。

なぜなら、考えたってあまり意味がないから。運だから。

一瞬で始まり、一瞬で終わる。

その勝敗に一喜一憂する。

その一連のスピード感、勢いこそ、ジャンケンが面白くなる、楽しくなる秘訣なんでしょう。

だけれども、、、
その秘訣に気づいたのは終わってから。。。笑

楽しみが失速したルール

ジャンケン遊びも終盤。

1チーム(10人ほどの縦割りメンバー)で何を出すか相談し、出す手の形(グー・チョキ・パー)をチーム全員で協力して表現する。

そんなルールで、チーム対戦型のジャンケン遊びをしたんです。

一瞬で始まり、一瞬で終わる

このスピード感という秘訣を見事に外してしまったルールのおかげで

それまで子どもたちの楽しみは失速。。。

勝敗に対しての反応も薄〜くなってしまいました。

教訓

おもろい遊びには絶対に秘訣がある。

スクリーンショット 2018-01-06 1.38.12

その秘訣を捉えた上で、遊びを構成していくことが大事ですね。

そしてその秘訣は、他の遊びにも通づることも〜しばし。

おもろい遊びのおもろさの秘訣探しって実はとっても重要なんです。

なぜ私がそんなことを言い切れるのかというと、、、

毎月1回定期開催しているリーベ式研修会(京都)で、おもろい遊びのおもろい秘訣探しをしているからです。興味ある方はぜひ。(宣伝)

スクリーンショット 2017-12-18 17.40.30

ご興味ある方は下記「LINE@友だち追加」マークをクリックしてご登録下さいますと毎月の開催情報を受け取ることができます。

ということで

以上、じゃんけんシリーズ、完結です。

バックナンバーは下記より

単純な遊びは楽しいねん

単純な遊びを5、6年生が楽しいと感じた理由

ジャンケンは何度も〇〇を合わせる魅力的な遊び

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :