あ〜おもしろかった♩が成果です

と自信を持って言い続けたいです。

私にとっては、リーベの時間を通して、子どもの発達や発育の中で、出来ていることやここがまだまだ…と感じ取る場にはしたくないと思ってます。何より40分間の子どもたちの楽しい夢の国であってほしい。

大阪の、とある保育所の所長先生が

「リーベの時間は先生方にとってどのような時間ですか?」

という問いに対してお答え下さった内容です。

保育者が自由に動ける運動あそび

をコンセプトにもしているので、保育者の方は子どもたちの運動あそびの様子を客観的に見ながら
・どんな事が育っているか?
・どんな事が育っていないか?
・子どもの課題は何か?

を知る時間としても有効活用して下さいます。

で、我々もその役割を担おうと活動をしています。

リーベの時間をどう活かしてもらうかは、その人の、その園の自由!であることは今後も変わりありません。

でも先ほどの所長先生の言葉。

私にとっては、リーベの時間を通して、子どもの発達や発育の中で、出来ていることやここがまだまだ…と感じ取る場にはしたくないと思ってます。何より40分間の子どもたちの楽しい夢の国であってほしい。

心にズドドーンときます。

そもそもは、子どもの課題を見つける場を創りたかった訳でも無いし、子どもの成長を保育者に感じてもらう為に始めた訳でも無い。

ただただ、運動あそびを通して子どもたちと一緒に過ごす時間が楽しかっただけ。

でも、ほら、プロとして、とか教育に携わるものとして、、みたいなやつがバコーンって何度も体当たりしてくる訳です。

その体当たりに吹っ飛ばされては、こうやってまた元のポジションに戻ってきて、また吹っ飛ばされて。

でも、最近、少々の当たりには吹っ飛ばされへんようになり、自分本来のポジションに居続けられるようになってきました。

その所長先生のような考えの方に、多く出会えるようになってきたからですかね。

出会うべくして出会ってる気がしてます。

スクリーンショット 2018-05-21 22.24.42

と自信を持って言い続けたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :