子どもは、自分の身体を知るためにずっと〇〇している。

リーベ式運動あそびの理屈

を先ほどまで
大阪のとある保育園で
語っていました。

なんで跳び箱や鉄棒、マット運動ではなく
リーベ式なのか?

リーベ式のこの遊びには、動きには
どんな意味があるのか?

それぞれ遊びの意味を
細かく一つずつお伝えしました。

それがニーズだったので。

でもね、
こんなことも伝えておきました。

全ての遊び・動きに
共通する「意味」
があると。

それがこれ!ドン!

自分の身体を知るために、試している。

スクリーンショット 2018-07-13 22.29.30

よく登場する次男、

これ、楽しいからしてる

で終わりなんですけど、
もし意味がないと続けられないなら、これしかない!

自分の身体を知るために試しているんですよ。

理屈なんて知っていなくても

楽しかったらするべきやし、
そもそも楽しいこと自体に意味がある
からそれでいい。

個人的にはそう思ってるんですけど
自分も含めてやっぱり現場では
意味を知っていないと始められない…
意図がないと続けられない…

そんなことも絶対にある。
ある。ある。ある。

そんな時のための「万能薬」として

全ての遊び・動きには、自分の身体を知るために試しているという「意味」がある

ということを
お伝えしていきました。

何が言いたいかというと…

僕の場合、理屈って
「楽しい時間」を自信を持って続けるためにあるのやと思ってます。

今日の理屈の研修が、
勝手にお渡しした「万能薬」が、

僕たち、先生たちの
「楽しい」を続け広げていけること
に繋がればいいな〜

っちゅうことです。

研修を取り入れて下さった園長先生には

リーベの時間は、心と身体の解放の時間!

あー楽しかった!の充実感をいっぱい感じることが目的!

と言ってもらえます。

今回は、その時間を
更に大切にしていくための方法の一つとして
理論研修を選んで下さいました。

研修の目的を共有しながら
進めていけるって
スッキリ、気持ちがいいです。

自分の身体を知るために、試している。

万能薬。

求められてないけど
プレゼント!

関連記事↓

あそび道具は自分のカラダ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :