保育者研修

2020.12.23/京都府京田辺市/山城地区公立幼稚園・こども園教育研究会様/保育者研修会

概要

日 時 :2020年12月23日(水)

場 所 :京田辺市立中部住民センターせせらぎ(京都府京田辺市)

時 間 :15:00〜16:30

タイトル:おもろイズム®︎研修会「 動いて笑ってじゃんけんポン! 」編

参加者 :保育士20名

研修会の様子

まずは研修の目的を共有。
じゃんけんゲームを通して楽しいを体感。
チームでじゃんけん!気持ちを共有する楽しみが!
これはどっちのチームが勝ったんだ?笑
様々な体勢でじゃん・けん・ぽん!
グループで自身の気づきのアウトプット。
グループでの気づきを全体にシェア。
最後はエピソードを交え、まとめをします。


ご参加くださった方々の感想はこちら

楽しかった。楽しいと感じられるもっとしたいと感じられるもの保育で何を育てたいかはもちろんですが、楽しい!!からの何が嘘だったのか、その考えを大切にしたいと思いました。自分自身の心を動かして子どもたちの心を動かせられるような毎日にしたいです。もっといろんな遊び話を聞きたいと思いました。

保育に対する考え方が変わりました。こんなにシンプルな遊びで大人大盛り上がりできるなんて思いもしませんでした。最近の保育で子どもたちが気軽に楽しめる題材や遊びの重要性に気づいたところだったので、リアルタイムで深い学びになりました。園でも実践していきたいと思います!ありがとうございました(^^)

保育の考え方がとても変わりました。私は1年目の保育士ですが、4月からずっと発達や成長を気にしてきて、楽しめていたのかなと振り返るきっかけになりました。じゃんけん遊び1つでとても楽しめることがわかり、またリーベさんの研修を受けさせていただきたいと思いました。そして、また機会があれば園にも来ていただき、子どもたちと運動遊びをしていただきたいと思いました。

大人が楽しいと言うことの大切さを改めて感じた。遊びを通して学ぶと言う幼児期において教師が子どもと一緒に遊び楽しむと言うことをもう一度意識し直したいと思った。じゃんけんができない子もクラスにいるが、エイトくんのように一緒にやるということが楽しいと言うこともあったりして、できる≠楽しいであり、できないことも楽しんでいる子どもの姿が浮かんだ。

研修会を開催、ご参加してくださった皆様
素敵な時間を本当にありがとうございました!

Spread the love
前の記事 :
次の記事 :