歩いて移動って不思議で新感覚!?

前回の記事では

350_Ehon_37477

この本から感じたことを
なんやカッコつけて書きました。

この時代の当たり前は
「本来」なのだろうか?

そして、本来が変わることが
「発展」なのだろうか?

スマートフォンやタブレットのあるこの時代に生きる私たちが考えるべきこと

答えはないですが
それについて考えることって
すっごく大事な気がします。

で今回は…

本とタッチパネルの違い

350_Ehon_37477

この本、タブレットやスマホのタッチパネルで遊ぶ時と、全く同じ行動をさせるんですね。

○(絵)を指で押したり
本を傾けたり、
本を振ったり。

スマホやタブレットで言うところの
ボタンをクリックする
画面を傾ける
タブレットを振る。

でも大きな違いがあるんです。

それは…

ページをめくる
という作業が入ること。

スマホやタブレットでは
クリックすれば勝手に画面は変わる。

傾けても
振っても
それに反応して
すぐに画面が切り変わる。

一方で、まるまるまるの本は…

押しても
傾けても
振っても

自らページをめくらない限り
画面は切り替わらない。

立場、逆転!?

スマホやタブレットが出た当時、
それらが人々の心を掴んだのは

ページをめくる
という本来がありながら

ページをめくらなくても
画面が自動的に切り変わる

ということが
不思議で、新感覚で楽しかったのだろう。

でも今や立場逆転!?
ページをめくることの方が
不思議で新感覚な気がする。

そしてそれが楽しいのか。

運動でも

今や「ちょっと近くへ」
も車に乗るのは当たり前。

保育園の送迎だって
車や園バスが当たり前。

そして本来になっている。

ならば、

歩いて移動する

という行動が、不思議で新感覚で
人々を惹きつける楽しいこと
にもっとならないだろうか。

そうしたら
もっと子どもどもたちの心身は
良い方向に向かうのでは!?

まだ続きが。

本とアプリの違い

は次回!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :