できることに目を向ければ世界は変わる

できることに目を向ければ
世界は変わる

銭湯で夢中

休日のルーティンである
長男、長女と銭湯へ。

その銭湯で
たまたまついていたTV番組に
3人揃って夢中になってました。

その番組とは「奇跡のレッスン」

ご存知の方も多いのでは?

今回の内容は車椅子バスケ。

気づけば車椅子バスケの試合を
長男、長女と本当に食い入るように
見ていました。

車椅子バスケって

こんなに激しいんか!

こんなに思い通りに動けるか!

と驚きながら。

そして
こんな言葉が目に
飛び込んできたんです。

スクリーンショット 2018-06-17 20.06.36

僕たちが見ていた
車椅子バスケに熱く熱く取り組んでいる
まさにその選手たちこそ

できることに目を向けて
世界を変えている人たち。

めちゃカッコよかった。

人間って

できないことの方が
圧倒的に多い。

でも、できることも
確かにある。

何を見て生きていくのか。
それによって大きく大きく
人生は変わっていきますね。

子どもたちも

将来、自分のできること
に目を向けて生きていく

そんな人間になって
欲しいです。

そのためには
子どもたちと関わる
われわれ大人が

子どもたちのできること
にもっともっと目を向けて
いくべきです。

じゃ、最後に宣伝しとこ。

リーベ式運動あそびは

できないことを練習して
できるようにさせる

のではなく

できること
大人も一緒にとことん楽しむ

がモットーです。

その先には自分自身の
できることに目を向ける
ことができ

自身の力
自身の世界を変えていける

そんな姿があると願って。

できることに目を向ければ
世界は変わる

またひとつ
大事にしたい言葉が増えました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :