五郎丸ポーズから考える「繰り返し」の意味 | 幼児体育を独自の仕掛けで楽しい「あそび」に大変身!

*

五郎丸ポーズから考える「繰り返し」の意味

      2018/07/31

32bcd3acce39cc09285fe716c761aaee_s

 

ラグビーの五郎丸選手のポーズで有名になったルーティン

 

ルーティン【routine】

決まった手順・決められた一連の動き

 

なぜ一流選手がルーティンを大事にするかというと

(理由はいくつかありますが)

 

普段(練習の時)と同じ動きをすることで、

心の安定を保つ

 

要するに

安心する・落ち着くため

です。

 

 

五郎丸選手は、

プレッシャーのかかるキックの時でも

あの独特のポーズをすることで

心の安定を保っている。

 

これは決してアスリートだけに限ったことではありません。

 

私たちが

幼稚園や保育園さんから頂いている

運動あそび指導の時間も同じ。

 

リーベ式運動あそびでは

 

初めはいつも変わらず

同じプログラムでスタート。

一年間ずっと。

 

いつもと一緒やから

安心して動き出せる子もいる。

 

そして

安心できて初めて

 

挑戦に向かえる。

 

 

リーベを始めた当初は

繰り返しのプログラムをすることに対して

子どもら飽きてるんちゃうかやろか?

 

現場の先生に

いっつも同じやん!

って思われてるんちゃうやろか…

 

と、しょーもない事を考えていましたが

おかげさまで

今では、微塵(みじん)も感じてませんーーー!!

 

 

「繰り返し」ってホンマ大事です。

 

繰り返しがあるから

 

子どもたちは安心できる。

 

そして

その安心は安全にもつながる。

 

「繰り返し」に飽きていたのは

実は、大人だけなのかもしれません。

 

 

 

子どもたちが

安心できる・居心地の良い空間

をしっかり創り

 

子どもたちが

安心して伸び伸び

挑戦できるように

 

もっともっと繰り返して

頑張ります!

 

 

繰り返しによって生まれるメリット

まっだまだあります!!

 

深い記憶は、今、その瞬間に夢中になっていた証拠。 | 幼児体育を独自の仕掛けで楽しい「あそび」に大変身!
  夏の甲子園出場に向けて 各地域で熱戦が繰り広げられている。   今日付の朝日新聞「天声人語」には こんな記事が載っていた。 かつての高校球児たちと話して驚かされるのは、 試合で打った球種や監督の言葉を克明に覚えていることだ。 甲子園をめざして一心に打ち込む分、記憶が深くなるのだろう。   我々の運動あそびでも 数ヶ月ぶりの運動あそびでも 子どもたちはビックリするぐらい、前回の内容を覚えている。     フープを見ただけで クジラさん、今日はお腹痛くない!? と聞かれることは、しょっ中だ。     高校球児が甲子園を目指して 一心に打ち込む分、記憶が深くなるように   きっと子どもたちも運動あそびに 一心に打ち込んでくれたのであろう。   ーーーーーーーーーーーーーーーー 甲子園を目指すのと同じぐらいの 運動あそびってことかな。   いや、怒られそうやな(笑) ーーーーーーーーーーーーーーーー   で、   運動あそびに打ち込む と言うと何だか変な感じがするが   要するに 今、この瞬間に夢中になる! 「今」を味わい尽くす! そんな言葉が当てはまるだろうか。     そして私自身、今でも覚えている子どもの頃の深い記憶は、きっと、   その瞬間に夢中になっていた証拠 であろう。   大人になると どうしても 過去のことに影響されたり 未来のことを気にし過ぎたり   今を十分に味わえない そんな場面が増えている気がする。   その分、記憶違いや、覚えてない♩ なーーんて状況も多くなるのだろうか(笑)   リーベが目指す理想の保育士研修 先日実施した保育士研修 にご参加の保育士の方が、 後日、   わざわざこんなメールを下さった。 童心に返り、楽しい時間を過ごせました。時間を忘れるような。子どもたちもいつもこんな気持ちになっているのかな?     童心とは、まさしく! 今、その瞬間に夢中になっている そんな状態を言うのかな。     そしてそんな状態が続いた先に、 気づけば成長している。    

 

 

 

 

 

 - シリーズ・繰り返しの効果