*

【子どもを認める時のポイント①】その瞬間、そのタイミングを逃さない!

      2016/04/13

2d11e00c68221741f7997095682c179e_s

 

ちょっと待って!!アフロコーチ!

子どもたちとの運動あそび中、

自分(アフロコーチ)の話を迷いなく遮って

大声で割り込んできた主は

その日、サポートの駆けつけてくれた

ミッシェルコーチ!

(はい、誰やねんそれ!って思った方の為に一応説明しておくと、ミッシェルコーチは私がこの仕事を始めるキッカケをくれた人、「子どもとの関わり」において私が一番影響を受けた人、尊敬してる人)

 

 

ちょっと待って!!アフロコーチ!

の大声に、

そこにいた子どもも大人も、

全員が目を点にして

えっ!?

って思ったのも束の間

ミッシェルコーチは続けてこう言いました。

 

今な、ここにいる〇〇ちゃんな、

友達の動きを真剣に見て

必死に応援してたんやで!

おれな、それってめっちゃ素敵やと思う!!

みんなで〇〇ちゃんに拍手しよ!!

 

後にも先にもこんなにも

豪快に割り込んできてくる人はいないでしょう!笑

 

で、

私はその時、心の中で

 

褒める内容めっちゃ普通やん!笑

ほんで、他の子もみんなまぁまぁ応援してたで…

というより

なんでオレの話、遮(さえぎ)ってこのタイミングやねん!笑

って思ってたんですが

 

褒められたその女の子は

何ともいえない照れくさそうな

でも最高に嬉しそうな表情をしていました。

 

おそらくミッシェルコーチから見て

その子は本当に心のこもった応援

していたのだと思います。

 

そして

その子を褒めるなら

そのタイミング

しかなかったんだろうと思います!

 

もし

そのタイミング

じゃなかったら

 

運動あそびが

終わってから

のタイミングで

 

さっきの〇〇の遊びの時、がんばって応援できてたな!

素敵やったぞ!

 

って褒めてたとしたら

 

その女の子はどんな表情をしてたのだろうか?

 

あんなに嬉しそうな表情になってただろうか?

 

後になればなるほど

ミッシェルコーチが

そのタイミング

 

で、話を遮ってまで

その子を認めた理由がわかってきます。

 

子どもを認めるタイミング

少しでもズレると

子どもへの伝わり方

変わってくるのかもしれないですね。

 

ということで

リーベの指導中は

先生方の

ここぞのタイミング

での

ちょっと待った!!

大歓迎です。

 

大人みんなで

そのタイミング

を逃さないように

 

その瞬間に

 

子どもたちを思いっきり認められるように

チームワークを高めましょう!

 

ポイント②も是非ご覧ください(下記をクリック)

【子どもを認める時のポイント②】体を通して伝える

 

 

 - 子どもを認めるポイントシリーズ