メディア掲載情報

2019.9.7 森之宮保育園様・今福南保育所様 合同研修会/3回シリーズ第二弾

概要

日 時 :2019年9月7日(土)

場 所 :森之宮保育園(大阪市城東区)

時 間 :14:30〜16:30

タイトル:おもろイズム®︎研修会「足して引いて取っ替えて!無限あそび株式会社」編

参加者 :保育士21名

研修会の様子

まずは前回の魔法の振り返り!
THE大阪粉もんじゃんけん!?
講義で魔法の振り返りをして、研修の目的を共有
魔法の要素をたくさん出し合います!
実際に魔法を使ってグループで遊びを作成!
レッツ「ハッピークォーーーリティ!!」
じゃぼん玉ゲームで魔法を再び体感!
いろんな変化があって、いつの間にか夢中に!
最後は講義でまとめをします。


ご参加くださった方々の感想はこちら

1つの遊びで要素をつけたりひいたりすることで遊びの楽しみがどんどん増えていくのが良かった。そうして少しずつ変えることで、長く遊びが続けられるのが良い。面白い遊びの作り方を学んだので、自分も遊びの形を変えるなどして作っていきたい。

自分であそびを考えてみて”頭がかたいなぁ〜”と思いました。「やらせる」というのが強かったなと…シャボン玉ゲームをやってみて、素材が変わるだけで、人数が変わるだけであそび方がどんどん広がっていくのはおもしろかったです。今は乳児クラスですが、うちの4、5歳さんなら楽しいやろうな〜とか一緒にやって楽しんでる自分が想像できてワクワクしました。「自分が楽しむ」も大事ですね!”3つの間”すごくわかりやすかったです。これは、普段の保育でも言えることです!ありがとうございました!

1回目の時よりも自分の中での理解が深まったように思います。あそびを自分たちで考えること、初めてあんな多人数でしましたが、人数がいるほうが、アイディアがたくさんでてとてもおもしろかったです。イメージから入るのか、仲間からイメージをふくらませていくのか、どちらからはいってもずっと話が続いていきそうに思いました。自分たちで考えたあそびを1時間くらいの中で実際にあそんでみたいと思いました。保育の中で「3間」を大切にしていきたいと思います。

とにかく楽しく参加させて頂きました。また、改めて自分の頭が固いなと感じ、いろいろな意見を聞くことの大切さを感じました。1つのイメージや遊びでどんどん展開していくと子どもたちも夢中で楽しめるだろうなと思ったし、そんな子どもたちの姿を想像してあそびを考えることも楽しかったです!子どもたちと一緒に展開を考えてもおもしろそうだなと感じ、やってみたくなりました。ありがとうございました!

今回も楽しかったです。遊びのレパートリーが欲しいと思っていましたが、いつもしている遊びに少し変化を加えるだけで、遊びが発展し、子どもの動きも増えたり、変化したり、することが分かりました。また来週から保育の取り入れ、実際にやってみたいと思います。3つの間を意識して遊びを考えていきたいです。

森之宮保育園・今福南保育所の皆様
素敵な時間をありがとうございました!
次回もよろしくお願いいたします♪

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :