自分の「からだ」がわかると、〇〇を認知できるようになる

自分の身体がわかると
空間を認知できるようになる。

以前の記事で

全ての遊び・動きには、自分の身体を知るために試しているという「意味」がある

というお話をしました。

詳しくはこちら↓

子どもは、自分の身体を知るためにずっと〇〇している。

で、今回はその続編。

じゃあ、
自分のからだを知ることができれば
自分のからだがわかるようになれば)

どんな良いことが待っているのか?

というと、

まずはこれ!

空間を認知できるようになる

「空間」の意味を調べると

地上で言う上下・左右・奥行きといった方向に(限りなく)広がる世界。

と記載があります。

で、この「空間」をしっかり認識できることは、生きていく上で絶対に必要。

車や自転車、人やモノとぶつからない、

何かを取ったり置いたりする、

スポーツの場面、

とにかく全部全部ぜーーんぶ、
空間を認識できているから、可能になることばかりなんです。

そんな大切な大切な空間を認識できるようになる「始まり」が

自分の「からだ」をわかる・知っている

ということなんです。

空間の起点は自分の「からだ」

フープをくぐる時だって、自分のからだが起点…

スクリーンショット 2018-07-15 18.19.09

コーンにぶつからないように走ることだって…

スクリーンショット 2018-07-15 18.17.11

「自分のからだ」が起点となり
フープやコーンとの距離を測るんです。

でもその起点である「自分のからだ」を
自分自身の感覚としてわかっていないと…

スクリーンショット 2018-07-15 18.17.20

起点がボヤけてしまい
正確な距離が測れない…

子どもたちが
自分の身を自分で守るためにも

自分の身体を知る・わかることが
とーーーっても大事なんです。

ちゃんと見なさい!

ぶつからないように気をつけなさい!

の前にすべきことは…

やっぱり自分のからだづくり
=自分のからだを知る・わかること

なんです。

空間の認知は、
コミュニケーションにも影響する!?
は次回の記事で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :