子どもの行動は、大人の捉え方次第で…

子どもの行動は
大人の捉え方次第で

イラッとすることにも、
感動することにもなる。

前記事では

逆上がりをしたいんじゃなくて
お母ちゃんと公園に行きたい
公園に一緒に行ってくれるお母ちゃんが好き
なんじゃないか?

と言う話をしてました。

保護者からの質問〜公園で逆上がりに取り組まない息子、なぜ?〜

で、なぜそのような事を
感じるようになったかと言うと…

我が家でも

夕食を終え、
再び事務所に戻って
仕事を再開しようとする僕に

長男が

本読んで!本読んで!本読んで!

と、連呼してきた時期
がありました。

一冊だけやで〜

なんて言うて
渡された本を読んでいると
話が終盤に近づくにつれ
視線は本棚に。

そう、
次の本を物色しとるんです。

そして読み終わりそうになった瞬間
次の本を取りにGO!

はい次これ!

と勢いよく手渡される。

そんな繰り返しに…

おいー最後まで話聞けよー!

とか思ってました。

でも、そんな話を
ある方(いつも通りの恩師・原田ゆうこ氏)に話していたら

アッサーーーーーーー!

と痛烈に言われました。笑

アッサーーーーーーーとは
あんたの考えどんだけ浅はかやねん!
の意。

これ言われると何故か嬉しい。笑

お、俺、深くなれるチャーーンス!

って思うんかな。
気持ち悪いな。うん。

ま、そんなことは
置いといて、

長男はきっと
本を読んでほしいのではなく

父ちゃんともっと一緒に過ごしたかった

だから仕事に戻るのを必死に止めてた

のかなって
色々気づきました。

子どもは深い。。
いや、俺がアッサー。。。

と痛感したエピソード。

子どもの行動は
大人の捉え方次第で

イラッとすることにも、
感動することにもなる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :