大人が教える立場に居続けると子は育たない

 

5月10日(火)に、
息子と娘を預けている保育園へ
「お父ちゃん先生」として保育参加してきました。

息子のいる4歳児クラスで
お昼寝までの半日を
子どもたちと一緒に過ごすことに。

たった半日でしたが、
自分なりに感じたこと・学んだことは山ほどあります。

なので、7回ぐらいに分けて
このブログでも発信していこうと思います。

バックナンバー:学び①②③④は下記タイトルをクリック↓
・学び①「子どもは【答え】を求めているわけではない時も…
・学び②「【迎え入れる】ではなく【お邪魔する】
・学び③「【ごっこの世界】へ引き込む術
・学び④「運動→造形へ、つながる【ごっこ遊び】
・学び⑤「リズム運動を体験して

 

学び⑥

大人が教える立場に居続けると子は育たない

 

昼食のあと、
担任の先生がテーブルの下を
雑巾で拭いておられたので、
自分も手伝っていると

 

ある男の子が

「ぼくもやったるわ!」

と手伝ってくれました。

 

「ありがとうな!助かるわ~」

なんてやりとりをしながら
その男の子と一緒に拭いてたら、

 

僕もしたるわ!私も拭くわ!と
気づけば8人程の子どもが床や棚を拭いていました。

 

そのうちの誰かが

「今日は掃除の日なんやで!」

って言い出して、
みんな「そうやそうや」と言いながら
せっせせっせと拭き掃除。

 

誰に言われた訳でもないのに
掃除を必死に頑張る子どもたち。

 

素敵な姿が自然と広がっていく光景に目を奪われ、

子どもたちの力ってすごいな~

と、ただただ眺めていたら、、、

 

ある男の子が歩み寄ってきて一言。

「あんな、ここまだ汚いわ!拭いといて~」

「ここは、こんな風に拭いたらええねんで!な?やってみ?」

 

自分「あ、はいっ!」

・・・

・・・

もうどっちが大人やわからへん状況。

 

 

でも、、良く良く考えてみると、

大人が子どもに教えてもらう

 

のも別にええやん!!
むしろ、

 

大人がいつまでも教える立場に居続けたら
子どもは何にも育たない。

 

大人が子どもに教えてもらう

 

運動あそびの中でも
もっと意図的に増やしていきたいな
と思いました。

 

子どもたちが自ら育っていくために。

f8d5ea34a64379aff1b2ec9023a0fc7d_s

 

 

 

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :