*

【ごっこ遊び】は子どもへの「指示」を無くす魔法の遊び・エピソード2

   

2

 

イメージがあるから
ごっこの世界だから
「注意」が必要無くなった。

 

そんなエピソードを
また1つ紹介します。

 

その日の遊び

その日は
クジラ(フープ)に果物(ボール)を食べさせてあげる
というストーリー。

dsc_03227

 

2チームに分かれて
時間を分けて
順番に食べさせます。

 

要するに
片方のチームは
自分の果物(ボール)を持ったまま
座って待機。応援。

・・・

img_3717

 

ま、
子どもたちなので

 

ボール持ってたら
遊びますよね。

 

そりゃそうや。

 

ポンポンしたり
コロコロしたり

 

ま、それが普通です。
普通なのでOK!
なのですが・・・

 

2チームに分けている理由

 

理由は
①安全面(空間と人数のバランス)
②友達の動きを見てほしい

 

だから
できれば、遊ばずに
見てほしいんですよね
友達の動きを。

 

なので

どうしたらボールで遊ぶことなく、友達の動きを見てくれるかな〜

と悩んでいたんです・・・

 

そしたら
ある男の子が

ぼく、果物は冷蔵庫に入れて冷やしとくわ!

と言って
自分が冷蔵庫になり
果物(ボール)を抱きかかえました。

 

その姿を見た他の子どもたちも
次々と冷蔵庫に果物を。。。

 

img_8723

 

子どもらってすごい・・・と
つくづく感じました。

 

変化した子どもへの声かけ

それ以来
この遊びをするときには

果物おいしくなるように冷蔵庫で冷やしといて〜

と声を掛けています。

 

ボールで遊んでる子を
注意する必要は
全くなくなりました。

 

みんなに
冷蔵庫になってもらう
たったそれだけで
友達の動きを
真剣に見ることができる子が
増えました。

 

img_8737

 

ごっこ遊び✖️運動

 

最高ですよ〜。

 

エピソード1はこちら↓

【ごっこ遊び】は、子どもへの「指示」を無くす魔法の遊び | 幼児体育を独自の仕掛けで楽しい「あそび」に大変身!
  コーンを倒したり、起こしたりを繰り返す運動あそびプログラム。(下写真)   写真の女の子のようにコーンは「手」で扱ってほしいんですが、、、     まぁもちろん キーーック!!! って、コーンを蹴り飛ばす子もいます。     そんな時は、普通 コーンは蹴らずに、手で倒そうな~! と伝えるのですが   どれだけ丁寧に伝えても 大人からの「指示」になってしまいます。   言い方を変えて頑張っても 道具は大事にしようね!蹴ったら壊れてしまうしな…蹴らないで倒す方法、他にないかな?? といった感じでしょうか。   かなり、無理があります。。。。     遊びに「イメージ」を設定するだけで指示がなくなる   例えばコーンを 「小人」 というイメージに設定をします。   コーンを倒したり、起こしたりするゲーム ではなく 小人を寝かせたり、起こしたりするゲーム   すると     先程あらわれた キーーック!!! する子にはこんな風に言えます。   小人さん、「足」で蹴られたらどんな気持ちになるやろな?   この問いかけに 子どもたちの動きはどうなるか?   子ども: 小人さんイヤな気持ちになる…   コーチ: そうか〜足で蹴ったら小人さんイヤな気持ちになるんやな‥ ほんならどうしたらええんやろか?   子ども: そしたら「手」でとったげるわ!   コーチ: そうか、手やったら小人さんも嫌な気持ちにならへんわな~ ○●くん、小人さんに優しくしてくれてありがとうな~     てな展開にもっていけてしまう!   「指示」が無くなった だけじゃなくって   子どもたちが 小人の気持ちを さらには 行動をどう直したら良いかを 自分で考える力   まで養う関わりができる!     さらには、 子どもに対して 「ありがとう」   まで伝えられる。   これについては下記ブログ記事に記載しています http://liebe-japan.com/blog/?p=316  

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびの指導者仲間ブログ紹介
ーそれぞれが熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ

■リーベのHPはこちら

 

 

 - 幼児体育に【ごっこ遊び】が必要な理由