【ごっこ遊び】は子どもへの「指示」を無くす魔法の遊び・エピソード2

イメージがあるから
ごっこの世界だから
「注意」が必要無くなった。

そんなエピソードを
また1つ紹介します。

その日の遊び

その日は
クジラ(フープ)に果物(ボール)を食べさせてあげる
というストーリー。

dsc_03227

2チームに分かれて
時間を分けて
順番に食べさせます。

要するに
片方のチームは
自分の果物(ボール)を持ったまま
座って待機。応援。

・・・

img_3717

ま、
子どもたちなので

ボール持ってたら
遊びますよね。

そりゃそうや。

ポンポンしたり
コロコロしたり

ま、それが普通です。
普通なのでOK!
なのですが・・・

2チームに分けている理由

理由は
①安全面(空間と人数のバランス)
②友達の動きを見てほしい

だから
できれば、遊ばずに
見てほしいんですよね
友達の動きを。

なので

どうしたらボールで遊ぶことなく、友達の動きを見てくれるかな〜

と悩んでいたんです・・・

そしたら
ある男の子が

ぼく、果物は冷蔵庫に入れて冷やしとくわ!

と言って
自分が冷蔵庫になり
果物(ボール)を抱きかかえました。

その姿を見た他の子どもたちも
次々と冷蔵庫に果物を。。。

img_8723

子どもらってすごい・・・と
つくづく感じました。

変化した子どもへの声かけ

それ以来
この遊びをするときには

果物おいしくなるように冷蔵庫で冷やしといて〜

と声を掛けています。

ボールで遊んでる子を
注意する必要は
全くなくなりました。

みんなに
冷蔵庫になってもらう
たったそれだけで
友達の動きを
真剣に見ることができる子が
増えました。

img_8737

ごっこ遊び✖️運動

最高ですよ〜。

エピソード1はこちら↓

【ごっこ遊び】は、子どもへの「指示」を無くす魔法の遊び

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびの指導者仲間ブログ紹介
ーそれぞれが熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ

[DISPLAY_ULTIMATE_SOCIAL_ICONS]
前の記事 :
次の記事 :