子どもは「経験したこと」を使う天才。

3歳クラス運動あそびでのこと

動物さんに果物を届けよう!
というストーリーで運動あそびを展開し、ラストには

動物さん、お腹いっぱいになった?

と聞いてもらう一幕があります。

IMG_8253

子どもたちの、動物に真剣に尋ねる姿がたまらんカワイくていつも聞いてきてもらってるんですが、

先日、こんなことをゆーてきた男の子がいました。

あのな、ゾウさん、果物いっぱい食べたのに、シャリシャリいわへんかったらしい。

シャ、、シャリシャリっ!?笑

過去に経験あり!?

その男の子、果物食べたらシャリシャリゆーた経験が今までにあったんでしょうね、おそらく。そうか周りの人が言うてるのを聞いたか。

当たり前ですが
する、見る、聞く、といった自分の経験したことを使って精一杯表現するのが子どもたち。

大人もそうか。

そう考えると、その子のちょっとした表現って面白いですね。
この子どんなこと経験してきたんやろ〜って想像もできるし。

天才エピソード

顔面中から汗がタラタラ〜っとなっているお山コーチが、よく子どもに言われる一言。

雨降ってんの?

汗をベッチョリかいてたキャンディーコーチが子どもに言われた一言。

なんでそんないっぱいヨダレ出てんの?

IMG_8219

パーマをかけアフロっぽくしたアフロコーチに子どもたちは容赦無く

ブロッコリーやん

a0b5114a8477d777a43668e1102c679a_s

似てる。

自分自身の身近なことを使う子どもたちの表現は、まさに天才。

今日もオチ担当。次男。

夕食を食べ終わり、まだ外は明るかったので、次男と近くの鴨川へ散歩に。

そしたらね、
夕焼けがめっちゃ綺麗やったんです。

820bd777bacd387a75f361d2aad902c3_s

で、2人で空を見上げながら

あれな、夕焼けってゆーねんで。

と次男に教えてやると

言い訳?

と返されました。

うん、確かに
夕焼けより言い訳の方が身近やわな。

色々ありがとう、次男。

子どもは「経験したこと」を使う天才。

以上おしまい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

[DISPLAY_ULTIMATE_SOCIAL_ICONS]
前の記事 :
次の記事 :