*

幼児体育・外部指導導入の目的に愕然とした話

   

スクリーンショット 2018-11-09 14.54.46

 

1ヶ月ほど前から、
同じ想いの方と更に出会うべく、
これまで以上に多くの園に出向き
積極的に行動しています。

 

その中でたくさんの
新しい方(特に園長先生)と
お話しする機会が生まれ、
様々な考え方に
触れさせていただいています。

 

たーくさんの
学びと刺激があります。

 

でも中には幼児体育に関して
どうしても
納得いかない、共感できないこと
もあります。

 

ネガティブな話でごめんなさい。
でも言いたいし書く!

 

幼児体育で育てたい「子どもの力」について。

すでに幼児体育の外部指導が入っている園
の園長先生に

幼児体育の外部指導で子どものどんな力を育みたいと考えておられますか?

とお聞きすると・・・

 

●順番を待つ力

●礼儀

●話を集中して聞く力

●我慢する力・・・・

 

こういった答えが本当に本当に
多いんです。。

 

僕らが求められていることって、、

僕らが求められていることって。、それ!?。。。

って、本気でガックリきます。

 

もちろん大事なんですよ、
そういった力も。

 

でもね、時間も指導料もいただいて、僕らの目指すとこ、そこなん!?

って正直思います。

 

もちろん、これを売りにしている
外部指導業者もたくさんある。

 

でも、ホンマにこれでええのか!?!?

 

みんなが集まって、
せっかくの体動かす時間、

ホンマにホンマにこれでええのか?

 

身体も心もグーンと育つ
この大事な大事な乳幼児期に、

ホンマにホンマにホンマにこれでええのか!?

 

声を大にして言いたい。

 

「順番を待つ力」
「礼儀」
「話を集中して聞く力」
「我慢する力」

 

・・・・

 

ぜーんぶに共通して言えること。
楽しかったら自然とできる!

 

子どもたちって、
誰しもが、チカラ秘めてるますから。

 

★過去にこんな記事書いてたのでご紹介↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長い列でも並んで待てる理由 | 幼児体育を独自の仕掛けで楽しい「あそび」に大変身!
  リーベ式運動あそびでは 子どもが 自分の意志で選べる環境 その意思が尊重される環境 を目指しています。   リーベの時間に並ぶ子どもたち リーベ式運動あそびの特徴の一つ。 とにかく動く。 45分間、ひたすら動き続ける。 それは この時期の子どもたちは 体験がすべて だと考えているから。   だから順番を待って、並んで、、、 という光景は リーベ式運動あそびの時間内では できるだけ無くなるように 仕掛けています。   そんな考えの リーベ式運動あそびの時間内でも 実は子どもたちが 並んでいる光景があります。   しかも なかなかの長さの列。   しかし子どもたちは 退屈そうにしているわけでもなく フザけるわけでもなく 長い列に並んで ひたすら待っている。   もちろん しっかり並びなさい!! なんて大人の声はゼロです。   なぜ子どもたちは退屈しないのか? なぜ退屈になって ふざけたり、違う事をしたりしないのか?   それは 子どもが「待つ」という行動を 自分の意志で選んでいるから。 他にもいっぱい遊ぶ所はある(下写真)     でも どうしてもしたい遊びがあるから 子ども自ら 好んで並んでいるのです。   自分の意志で 「並ぶ」を選んだのだから 「待つ」は苦にならない。   途中で気が変わって 「待つ」が「苦」になった子は スッと列から抜けて 別の遊びへ向かう。   リーベでは 子どもは 体験がすべて! 動いてナンボ! という考えを大事にしています。   でも   長い列に並んで「待つ」 という行動そのものを否定 するつもりは全くありません。   要は子どもが 自分の意志で選べる環境 その意思が尊重される環境 であるかどうかが重要だと考えています。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー リーベ式運動あそびの指導者仲間ブログ紹介 ーそれぞれが熱い想いをもって活動してますー ■おやまコーチ(藤本真志)のブログ ■島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ   ■リーベのHPはこちら http://liebe-japan.com/  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この大事な時期に
楽しいをいーーっぱい感じて、その中で

 

自分で選んで判断して
やってみる!

 

うまくいかなくっても
満足できる!

 

仲間といっぱい関わって
喧嘩もして、
友達の気持ち、
ちょっぴりでも感じること
できるようになる!

 

そんな事の方がよっぽど
大事な気がする。

 

 

気づけば、初めて訪れた幼稚園で、
初めてお話しした園長先生に、

いや、僕たちはこう思います!

って、食い気味に、熱くなって
伝えていました。

 

ま、もちろん引かれましたけどね。笑

 

いろんな方とお話をして

自分の想いが強くなっていく経験、
今、いっぱいしてます。

 

大事やな〜と感じてます。

 

 

ちっぽけな組織やけど

この幼児体育の業界を変えたい!

 

って本気で思う、今日この頃です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベのPVが完成しました★
YouTubeに掲載中ですので是非ご紹介等にご活用くださいね♪

ご出演の皆様ありがとうございます。

リーベ
https://youtu.be/aADRv_KhJBw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

■リーベの公式HP

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな園内研修を取り入れてみませんか?

明日からすぐに実践可能な「楽しい体づくりのアイディア」が得られる【園内研修】はいかがですか?

■このような悩みを持つ園や先生に!
・毎日の生活・行事に追われてなかなか運動あそびを取り入れてあげられない
・場所も道具も無いので取り入れられない
・具体的にどのような動きが子どもの発達に良いのかわからず取り入れられない

■選ばれている理由
①3つの不要!場所・用具・準備時間
広い場所も、特別な用具も、準備時間も必要のないアイディアを得られるので、明日からすぐに実践できます。

②毎日の生活の中で無理なく継続
各園の生活に合わせたアイディアを得られるので、普段の生活を崩すことなく(無理なく)毎日継続できます。継続できるからこそ、子どもの体が育ちます。

③先生自身が楽しみながら学べる
楽しいゲームを通じて、先生が実際に体を動かしながらの「体験型研修」なので、遊び感覚で楽しみながらアイディアを得られます。

■実際に体験された保育士さんのお声
・何気ない生活の中でちょっとしたアイディアをプラスするだけで様々な体の部分を使った遊びが広がることを教えてもらいました(京都市内・保育士)

・運動用具をわざわざ準備しなくてできること・・気持ち的に楽になった。(島根県内保育士)

・実際に大人も体を動かすことで、どういう力を使ってどこを鍛えているのかを意識できてよかった。全身を使い、笑い、とても楽しく汗をかきました。あっと言う間でした。(大原野こども園・保育士)

14961413_1134551333308359_1666814017_n

14962257_1134551336641692_395717267_n

お問合せ・お申込み
050-3482-2137(事務所)

(つながりにくい場合は)
090-6207-5218(代表・阪田)

メール
info@liebe-japan.com

 - 大事にしている考え・想い