空間認知力は、コミュニケーション力にも影響あり | 幼児体育を独自の仕掛けで楽しい「あそび」に大変身!

*

空間認知力は、コミュニケーション力にも影響あり

   

スクリーンショット 2018-07-16 20.04.12

 

前回の記事では

空間認知の起点は自分のからだである、というお話をしました。

詳しくはこちら↓

自分のか「からだ」がわかると、〇〇を認知できるようになる | 幼児体育を独自の仕掛けで楽しい「あそび」に大変身!
  自分の身体がわかると 空間を認知できるようになる。   以前の記事で 全ての遊び・動きには、自分の身体を知るために試しているという「意味」がある というお話をしました。   詳しくはこちら↓ http://liebe-japan.com/blog/?p=1887 で、今回はその続編。   じゃあ、 自分のからだを知ることができれば (自分のからだがわかるようになれば)   どんな良いことが待っているのか?     というと、   まずはこれ!   空間を認知できるようになる 「空間」の意味を調べると 地上で言う上下・左右・奥行きといった方向に(限りなく)広がる世界。 と記載があります。   で、この「空間」をしっかり認識できることは、生きていく上で絶対に必要。   車や自転車、人やモノとぶつからない、 何かを取ったり置いたりする、 スポーツの場面、   とにかく全部全部ぜーーんぶ、 空間を認識できているから、可能になることばかりなんです。   そんな大切な大切な空間を認識できるようになる「始まり」が 自分の「からだ」をわかる・知っている ということなんです。     空間の起点は自分の「からだ」 フープをくぐる時だって、自分のからだが起点…   コーンにぶつからないように走ることだって… 「自分のからだ」が起点となり フープやコーンとの距離を測るんです。   でもその起点である「自分のからだ」を 自分自身の感覚としてわかっていないと…   起点がボヤけてしまい 正確な距離が測れない…     子どもたちが 自分の身を自分で守るためにも   自分の身体を知る・わかることが とーーーっても大事なんです。   ちゃんと見なさい! ぶつからないように気をつけなさい! の前にすべきことは…   やっぱり自分のからだづくり =自分のからだを知る・わかること   なんです。       空間の認知は、 コミュニケーションにも影響する!? は次回の記事で!  

で、今回は、
空間の認知力はコミュニケーション力にも繋がっているというお話。

 

友達とうまく関われない

そんな子どもたちの実情もよく耳にします。

 

もちろん実際に運動あそびの中で出くわす場面も多々。

 

基本的には
うまく関われない経験を通して
ゆっくり関わりが上手に、
そして関わることそのものが楽しい
に繋がっていけばいいなぁと思うのですが

 

そもそも、
うまく関われないというのは
友達との距離感(間合い)がうまく保てないといった要素が多いのかなと思います。

 

相手も自分も心地よい

必要以上に近づきすぎたり…
必要以上に離れたり…

スクリーンショット 2018-07-16 19.32.47

ま、この写真はネタですが、
お互いが望んでいたら問題なし。

 

相手も自分も心地よい
そんな絶妙な間合いを探り、わかることって、人間関係づくりにおいて非常に大事だと思います。

 

それは大人でも、子どもでも一緒。

 

 

見えない空間の認知

人との間合いって、いわば
見えない空間の認知力。

 

そしてその、見えない空間の認知の前段階には
必ず見える空間の認知力があります。

 

例えば自分とコーンのように。

スクリーンショット 2018-07-15 18.17.11

人との間合いを探り、掴むためにも

まずは、見えているモノとの間合い
を探り、掴めるようになることはとーーーっても大事です。

 

で、見えているモノとの間合いを探るための起点は
いつだって自分のからだなんです。

 

自分のからだを知る・わかるって
やっぱり大事。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベのPVが完成しました★
YouTubeに掲載中ですので是非ご紹介等にご活用くださいね♪

ご出演の皆様ありがとうございます。

リーベPV
https://youtu.be/aADRv_KhJBw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

■リーベの公式HP

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな園内研修を取り入れてみませんか?

明日からすぐに実践可能な「楽しい体づくりのアイディア」が得られる【園内研修】はいかがですか?

■このような悩みを持つ園や先生に!
・毎日の生活・行事に追われてなかなか運動あそびを取り入れてあげられない
・場所も道具も無いので取り入れられない
・具体的にどのような動きが子どもの発達に良いのかわからず取り入れられない

■選ばれている理由
①3つの不要!場所・用具・準備時間
広い場所も、特別な用具も、準備時間も必要のないアイディアを得られるので、明日からすぐに実践できます。

②毎日の生活の中で無理なく継続
各園の生活に合わせたアイディアを得られるので、普段の生活を崩すことなく(無理なく)毎日継続できます。継続できるからこそ、子どもの体が育ちます。

③先生自身が楽しみながら学べる
楽しいゲームを通じて、先生が実際に体を動かしながらの「体験型研修」なので、遊び感覚で楽しみながらアイディアを得られます。

■実際に体験された保育士さんのお声
・何気ない生活の中でちょっとしたアイディアをプラスするだけで様々な体の部分を使った遊びが広がることを教えてもらいました(京都市内・保育士)

・運動用具をわざわざ準備しなくてできること・・気持ち的に楽になった。(島根県内保育士)

・実際に大人も体を動かすことで、どういう力を使ってどこを鍛えているのかを意識できてよかった。全身を使い、笑い、とても楽しく汗をかきました。あっと言う間でした。(大原野こども園・保育士)

14961413_1134551333308359_1666814017_n

14962257_1134551336641692_395717267_n

お問合せ・お申込み
050-3482-2137(事務所)

(つながりにくい場合は)
090-6207-5218(代表・阪田)

メール
info@liebe-japan.com

 - ふとした気づき