*

そのルール、守るとどうなる?

   

スクリーンショット 2018-05-31 21.48.12

 

それを理解していると

ルールという枠にハマっていない子に、どう対応すべきかが見えてきますね。

 

というのも、

つい先日の運動あそび中、担任の先生にこんな質問をもらいました。

あの子、ルール守ってないですけど、良いんですか?(叱るべき?)

 

その判断基準は

そのルールは何の為にあるのか?

ですね。

 

「ルール」と言っても色々。

 

①守ると楽しくなるルール

例えば、鬼ごっこでタッチされているのに、されていないと言い、逃げ続ける。はい、そんなんしたら、全然おもんない。

9c49054c23b5888f5a46c5a719b5a4ea_s

 

②守れば安全になるルール

 

③守れば運動量が増えるルール

 

 

他にもまーーだまだありますね。

 

で、今回の運動あそびで設定していたルールは③守れば運動量が増えるルールやったんです。

 

だから質問して下さった先生にこう言いました。

ま、ええんとちゃいますか〜?笑

本人、楽しそうですし♩

 

③守れば運動量が増えるルールってのは、体力UP!の狙いもありますけど、リーベとしては、やっぱり楽しいを感じてほしいから設定しただけなんです

いっぱい動くのが楽しい!って感じる子も多いですので。

 

で、その子は、ルールにはハマっていなかったけど、違う「楽しい」で満足してたのでOK。

 

そのことで、危険を伴ったり、他の子の「楽しい」を奪ってる訳でもなかったので

 

そもそもルールを破ってる!って感じでもなかったかな。。

 

逆に、①とか②を守っていなくて、危険を伴ったり、他の子の「楽しい」まで奪ってしまう、

そんな子は、守ってくれるようにアプローチするなり、最終的には叱ってでも絶対に守らせますね。

守れば本当の楽しさが絶対にわかるから!

 

ということで、

ルールという枠にハマっていない子にどう対応すべきかは、ルールによりけりっちゅーことです。

 

 

ルール=守らなければならない!

のその前に!

 

そのルール、何の為のルールですか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベのPVが完成しました★
YouTubeに掲載中ですので是非ご紹介等にご活用くださいね♪

ご出演の皆様ありがとうございます。

リーベPV
https://youtu.be/aADRv_KhJBw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

■リーベの公式HP

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな園内研修を取り入れてみませんか?

明日からすぐに実践可能な「楽しい体づくりのアイディア」が得られる【園内研修】はいかがですか?

■このような悩みを持つ園や先生に!
・毎日の生活・行事に追われてなかなか運動あそびを取り入れてあげられない
・場所も道具も無いので取り入れられない
・具体的にどのような動きが子どもの発達に良いのかわからず取り入れられない

■選ばれている理由
①3つの不要!場所・用具・準備時間
広い場所も、特別な用具も、準備時間も必要のないアイディアを得られるので、明日からすぐに実践できます。

②毎日の生活の中で無理なく継続
各園の生活に合わせたアイディアを得られるので、普段の生活を崩すことなく(無理なく)毎日継続できます。継続できるからこそ、子どもの体が育ちます。

③先生自身が楽しみながら学べる
楽しいゲームを通じて、先生が実際に体を動かしながらの「体験型研修」なので、遊び感覚で楽しみながらアイディアを得られます。

■実際に体験された保育士さんのお声
・何気ない生活の中でちょっとしたアイディアをプラスするだけで様々な体の部分を使った遊びが広がることを教えてもらいました(京都市内・保育士)

・運動用具をわざわざ準備しなくてできること・・気持ち的に楽になった。(島根県内保育士)

・実際に大人も体を動かすことで、どういう力を使ってどこを鍛えているのかを意識できてよかった。全身を使い、笑い、とても楽しく汗をかきました。あっと言う間でした。(大原野こども園・保育士)

14961413_1134551333308359_1666814017_n

14962257_1134551336641692_395717267_n

お問合せ・お申込み
050-3482-2137(事務所)

(つながりにくい場合は)
090-6207-5218(代表・阪田)

メール
info@liebe-japan.com

 

 - ふとした気づき