組織が機能しない理由、絶対これやーん。

うわーーーーーー、刺さる・・・・

ラジオで流れてきたある曲。
歌詞聞いて、
胸にブッ刺さりました。

僕らに足りないのはいつだって、才能じゃなくって愛情なんだけどな


僕にはね、
おやまコーチとキャンディコーチが
ボヤいているようにしか
聞こえませんでしたよ、うん(笑)

そんだけ才能あんにゃから、もっと才能発揮したらええやんっ!

2人の才能を知ってるからこそ
期待を込めて
言うてたんですけど、
いや、言うてたつもりなんですけど


結果、才能ばっかり求めて
求めて求めて、、、

そんなときにこの歌詞!
ええ歌詞もっかいいっとこー!

僕らに足りないのはいつだって、才能じゃなくって愛情なんだけどな

おやまくんキャンディくん、
とりあえずね、



すまーーーーん!!


二人に期待してるつもりが
ただの「圧」になってたみたい❤︎

あ、ちなみにこの曲、
唄っているのは
「マカロニえんぴつ」というバンド。

一応ゆーとかな
万が一、聞いてみよって人いたら
あかんからね!

子どもたちが本気の本気で生き生きしている園の共通点。

急に真面目な話行きます(笑)

われわれ、お陰様で
たくさんの園を訪問
させていただいていますが、



子どもたちが
とてつもなく本気の本気で
ええ顔してる、

なんやこの暖かい空気感!

その場にいる全員がなんて幸せそうな空間なんやーーー!

っていうそんな園に
時々出会うんですね。


で、そんな園に共通
していることは
ただ一つ!


「園長」がいつだって、とてつもない愛情で、現場の保育者を見守っている。

これなんです。

こんな園長というか上司のいる
園(組織)なんです。

私にとって一番可愛いのは、子どもやなくって職員よ♪

って言いきっちゃう
園長もいるぐらい(笑)

で結果、何が起こるかというと
子どもたち、超幸せそう〜♪

なんでか言うたらね、
保育士の人たちが大事に大事に
されてるからなんです。

自分(保育士自身)が大事にされてるから
子どものことも大事にできる。

最後はな、誰かに大事にされたらとかやなくって、自分で自分のこと大事にできるようになるとええねんけどな!


これ、リーベ特別顧問の保育士ゆうこりんのお言葉でございます。これ聞いて、さらにハッとしましたわさ。

才能〈 愛情

これさえ理解していれば
組織力はぐっと上がる。


最後にもっかいいっとこ!

僕らに足りないのはいつだって、才能じゃなくって愛情なんだけどな

あなたの組織の
あなたの園の
職員も、耳を傾ければ
ボヤいてませんか?



Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :