動画視聴

【動画】パラバルーンの楽しい導入方法

パラバルーンと聞くと

【運動会】の種目
【いろんな技】がある

といった印象が強いかと思います。


もちろん
それもOKなのですが

【技】をしなくっても
パラバルーンはオモロイ。

そして運動会で
パラバルーンをするにしても
こんな導入はどう?

という内容をお伝えします。

パラバルーン遊びの素敵なとこ

何よりもまず
仲間の姿を見ながら活動できる!

みんながミンナを見る!
そんな遊び
なかなか無いですもんね~。

それだけでも十分なんですが・・
もういっちょ!
実はパラバルーン遊びって
めっちゃハード!

そんな様子がわかる動画がこちら。

ね?
なっかなかハードでしょ?笑

パラバルーンを全力で振りたくなる仕掛け

ここで大事なのが

もっと全力で振って~もっともっとー!!

なんて大人が言わなくても
子どもたちが
自ら全力でパラバルーンを振ること。

要するに
大人がさせるのではなくて
子どもが自らしたくなる仕掛け

それにはやっぱり
想像の世界を広げること。

リーベ式の場合は
パラバルーンを【ケーキ】に見立てる。

いろんな果物が詰まった
フルーツケーキ
といったイメージですかね~。

で、そのケーキはまだ
おいしくない!(というストーリー。)

そこで
ケーキの上に
魔法の果物(風船)を乗せて

おいしくな〜れ♪♪

とケーキをフリフリ。

IMG_5205

↑魔法の果物

さらに激しく振ってほしければ

ヘビが食べに来たので追い払え~!!

という展開に!

IMG_5206 (1)

↑ヘビ

たったそれだけで
子どもたちは
パラバルーンを
ひたすら全身で全力で
キャーキャー言いながら
振り続けます。

経験してほしい動きを
経験させるのではなく

どうすれば自然とその動きをしたくなるか?

と考えることが重要です。

運動会でパラバルーンをするにしても
こんな楽しい導入があれば
子どもたちの気持ちも
運動会までも、運動会後も
持続するかもしれませんね~。

是非参考にしてください~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびの指導者仲間ブログ紹介
ーそれぞれが熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ

[DISPLAY_ULTIMATE_SOCIAL_ICONS]
前の記事 :
次の記事 :