最後は自分自身の力で!を目指す

 

最後は自分自身の力で!
を目指す。

 

前回の記事では

切り替え力
楽しむ力・生きる力。

 

切り替えは
意識して!だけじゃなく
行動とセットにすると
実現しやすい。

 

でも最後は
意識ひとつで切り替えられると
最高ですね〜

 

なんて話をしました。

〇〇力は、楽しむ力、生きる力

 

運動あそびでも同じこと

リーベでは
子どもたちと運動あそびをする時
シャカシャカシャカ〜
とタンブリンをよく鳴らす

3899c83c21070fa2c6b38233e0dfcc34_s

 

これは集合の意味で
このタンブリンの音が鳴ると
子どもたちは集まるのである。

 

大声で何度も呼ばなくても
すぐに全体に周知できるため
効率が良いし、
子どもたちにもわかりやすい。

 

かつ余計な時間が削られるので
遊ぶ時間も増える。

 

だからタンブリンは
好んで使ってはいるのである。

が、、、

 

陥ってはならない事態
がある。

 

なぜ集まるのか?

本来、集まるのは
大事な話を聞くため。

 

だからいつまでも
タンブリンが鳴ったから集まる
ただそれだけー
ではダメな気がする。

 

タンブリンが聞こえる=集合

ではなく

 

話を聞こうと思う=集合

になるべきだ。

 

 

陥ってはいけない事態とは
タンバリンを鳴らさないと
いつまで経っても集まれない。。。

 

気持ちが伴わず
単なる行動の習慣(ルール)
のみで動いている

 

そんな事態のことだ。

 

 

食事前のあの言葉も

手を合わせて、いただきます!!

いただきます!と言う行動
をすればオッケー!
なのではなく

 

大切な命を頂きます
と感謝して食べられるように
なることが大切である。
その気持ちの現れとして

手を合わせて、いただきます

ってする訳。

e0feb765cb576ce61f7c3205b80b497a_s

 

食育はそういったことを
感じるようになるから
とーーっても大事大事。

 

気持ちとセットで動けるように

今は行動とセット
だから
できていることも

 

最終的には
気持ちとセット
きるようになる

 

要するに
最後は
自分自身の力で、
できるようになる!
がベスト!っちゅー話です。

 

ただの習慣
ただのルーティンになって
気持ちが伴っていない

 

のではなく

 

自分自身の気持ちで
動けるように

そんな子どもの未来を目指すこと
を大人が忘れたらあきませんね〜〜

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベのPVが完成しました★
YouTubeに掲載中ですので是非ご紹介等にご活用くださいね♪

ご出演の皆様ありがとうございます。

リーベPV
https://youtu.be/aADRv_KhJBw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

■リーベの公式HP

http://liebe-japan.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな園内研修を取り入れてみませんか?

明日からすぐに実践可能な「楽しい体づくりのアイディア」が得られる【園内研修】はいかがですか?

■このような悩みを持つ園や先生に!
・毎日の生活・行事に追われてなかなか運動あそびを取り入れてあげられない
・場所も道具も無いので取り入れられない
・具体的にどのような動きが子どもの発達に良いのかわからず取り入れられない

■選ばれている理由
①3つの不要!場所・用具・準備時間
広い場所も、特別な用具も、準備時間も必要のないアイディアを得られるので、明日からすぐに実践できます。

②毎日の生活の中で無理なく継続
各園の生活に合わせたアイディアを得られるので、普段の生活を崩すことなく(無理なく)毎日継続できます。継続できるからこそ、子どもの体が育ちます。

③先生自身が楽しみながら学べる
楽しいゲームを通じて、先生が実際に体を動かしながらの「体験型研修」なので、遊び感覚で楽しみながらアイディアを得られます。

■実際に体験された保育士さんのお声
・何気ない生活の中でちょっとしたアイディアをプラスするだけで様々な体の部分を使った遊びが広がることを教えてもらいました(京都市内・保育士)

・運動用具をわざわざ準備しなくてできること・・気持ち的に楽になった。(島根県内保育士)

・実際に大人も体を動かすことで、どういう力を使ってどこを鍛えているのかを意識できてよかった。全身を使い、笑い、とても楽しく汗をかきました。あっと言う間でした。(大原野こども園・保育士)

14961413_1134551333308359_1666814017_n

14962257_1134551336641692_395717267_n

お問合せ・お申込み
050-3482-2137(事務所)

(つながりにくい場合は)
090-6207-5218(代表・阪田)

メール
info@liebe-japan.com

 

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :