運動→造形へ、つながる「ごっこ遊び」

5月10日(火)に、
息子と娘を預けている保育園へ
「お父ちゃん先生」として保育参加してきました。

息子のいる4歳児クラスで
お昼寝までの半日を
子どもたちと一緒に過ごすことに。

たった半日でしたが、
自分なりに感じたこと・学んだことは山ほどあります。

なので、7回ぐらいに分けて
このブログでも発信していこうと思います。

 

学び④
運動→造形へ、つながる【ごっこ遊び】

 

運動あそび劇場の後は
「粘土あそび」の時間になりました。

運動あそび劇場の様子は下記をクリック↓

【ごっこの世界】へ引き込む術

 

粘土で何でも自由につくってOK!
ということで
先ほどの運動劇場のときのイメージそのままに「カミナリ様」をつくってみました。

 

カミナリ様の顔が出来上がり、最後に「髪の毛」のつもりで、粘土を丸めて小さい「球」をつくり、頭の上にいくつも載せる(くるくるパーマ的なイメージ?笑)作業をしていていると、

 

 

横に座っていた息子が、

「あっ!頭の上に、取ったオヘソ担いではる!!」

って言うてきました。

 


なんちゅー発想なんや…!
我が子ながらアッパレ!(親バカ)

 

でもって、ご丁寧にも息子はみんなに向けて
カミナリ様がおへそを頭の上にのせているという説明をしてくれ、

みんなのおへそ取られたんちゃうか?大丈夫か?おへそあるか?

という話になり、みんなでおへそを確認したりしました。

 

4901b8b7b58b23e6fcc609086140d645_s

 

運動あそび
そのまま造形あそびにつながる。

 

ごっこの世界の「魅力」を感じた瞬間でした。

 

体操教室!体育教室!

な~んて聞くと、
どうしても保育の中から切り離された存在に捉えがちで

実際に切り離された内容の活動も数多くあります。

 

保育は保育。
体育は体育。

 

ではなく

 

保育の中の運動あそび

になっていきたいな〜と思ってます。

 

運動あそびだからこそ
想像の世界で遊ぶ「ごっこ遊び」だからこそ

 

保育とつながることができる!

 

保育とつながっているからこそ
子どもたちの学びは、つながり、深まるのだと思います。

 

バックナンバー:学び①②③は下記タイトルをクリック↓
・学び①「子どもは【答え】を求めているわけではない時も…
・学び②「【迎え入れる】ではなく【お邪魔する】
・学び③「【ごっこの世界】へ引き込む術

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :