子供が「楽しい」と感じることで生まれる効果  

 

大原野こども園さんの子どもたちと

出会ってから

早くも1年がたちました。

IMG_5663

 

ユーモア溢れる子どもたちの発想を

「それおもろいなぁ~」

「そんな考えもあるんかぁ~」

「よし、ほなそれやってみよ!」

なんて言いながら

 

子どもたちを

たくさん認めながら

 

子どもも大人も

汗ダクになって

笑い合いながら

「運動あそび」をしています。

 

そう!

大人も

汗ダクになるんです!

 

私たちコーチだけなく

保育士の方も

子どもたちと一緒に

動いて下さいます。

 

一緒に動いて

「あっついな~」

「こっれはしんどいなぁ~」

「そうやったら上手にできるんかぁ~」

「これ大人の方が難しいわぁ~」

 

とか言いながら

子どもたちと

気持ちを共有

してくださいます。

 

そりゃ~子どもたちは

楽しくなりますよね!

嬉しくなりますよね!

やってみたいなぁ!

ってなりますよね!

 

っていうのがわかる写真がコチラ↓

IMG_5670

↑あっ、これリーベのコーチではなく、保育士の方です!笑

 

IMG_5711

↑この体の大きさで、子どもの股の下をくぐろうと思うその気持ち!!!笑

 

もちろん、

女性の保育士の方も

こんな感じです!笑

 

私たちコーチも

負けてられません!!

 

1年前は

自信なさそうに動いていて子も

いつの間にか

「先生見て!」

「コーチ見て!!」

という姿に

変わってきています。

IMG_5617

IMG_5549

IMG_5535

 

そんな

「楽しい!!」

が十分に伝わって

いるからこそ

 

友だちと

協力しようとしたり

助け合おうとしたり

 

ルールを守ろうとしたり

話を聞こうとしたり

次は何かなっ?

て早く集まろうとしたり

 

友だちにぶつかったら

「ごめんね」って

言えたり。

IMG_5634

IMG_5568

IMG_5663

 

「楽しい」

が基盤にあると

こんなにも良い効果がいっぱいでてきます。

 

たくさん認められて

「自分」

充分に満たされて

いるからこそ

「友達」の存在を

意識できる。

 

パッと集まりなさい!

ルールは守りなさい!

お友達には優しくしなさい!

なんて言わなくても

 

大人が無理に

やらせなくっても

 

子どもたちが

自ら進んで

やろうとしてくれる!

 

 

子どもたちにとって

「楽しい」

と感じることや

「ぼくは認められているんだ」

と体で感じることが

どれほど大切なことなのか。

 

これからも

保育士の方々と協力して

もっともっと子どもたちに

楽しみ伝えます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebook
Twitter
YouTube
前の記事 :
次の記事 :