*

「ハイハイ」を経験せずに「歩行」ができるようになる子、急増中。

   

スクリーンショット 2018-08-09 23.48.18

 

「戻れば良い」というお話にホッとしました。

研修を受けて下さったベテラン保育士の感想です。

 

ホッとされたということはやっぱり
前へ進む=教育
になっているのかなぁ〜。

 

発達段階を飛ばしている!?

そんな子が多いんです。

 

例えば、ハイハイ(這い這い)。

 

ハイハイを十分に経験せぬまま
すぐに「つかまり立ち」をし、
そしてすぐに歩けてしまう。

 

歩けることは成長として素晴らしいことだけど、早くできればいいって訳でもない。

 

ずり這いをして、
ハイハイになって、
高這い、
つかまり立ちをして、
歩行へ。

 

その過程を確実に経験することこそ、
体づくりにおいて重要なポイントなのですが、

 

その過程を色々すっ飛ばして
歩けちゃう子もいる。

 

その影響は子どもたちの
「からだ」に向かう。

 

子どもたちの「からだ」の課題は
山ほどありますからね。

 

 

でもでも、だからと言って、

うちの子は過程をすっ飛ばしてしまったから、もうダメだ…

と悲観する必要はない!

 

ここで登場!

戻ればいい。

 

一度歩行ができるようになっても
ハイハイは、しようと思えばいつでもできる。

 

高這いだって、ずり這いだって。
しようと思えばいつでもできる。

 

あとは

戻っていいんだ

と思えるかどうか。

 

戻ることは退化でなはく、むしろ進化を加速させる

と知っているかどうか。

 

「戻る」ことは退化では無く むしろ進化を加速させる | 幼児体育を独自の仕掛けで楽しい「あそび」に大変身!
  「戻る」は退化では無く むしろ進化を加速させる。   楽しかった遊びは 子どもたちの記憶に、体に残っいる。   数ヶ月前に遊んだ内容を 鮮明に覚えている子もたくさん。   こちらがびっくりするぐらいに。   で、   僕たちは指導の初めに必ず、 前回の遊びにちょっと戻リます。   子どもたちのイメージを蘇らせる、 呼び覚ますために。 たった数十秒のこの作業だけで 子どもたちのイメージは劇的に蘇るんです(経験談)   蘇ってくれたイメージのお陰で 動きの質もグッと高くなりますしね。   大事にしています。 こうして子どもたちが以前に経験してきたことにちょっと戻ること、大事にしてます。     水前寺清子さんの356歩のマーチの歌詞 幸せは 歩いてこない だから歩いて ゆくんだね 一日一歩 三日で三歩 三歩進んで 二歩さがる この「二歩さがる」があるから また次の一歩を噛み締める事ができるのだとそう勝手に解釈しました。笑   「戻る」は退化では無く むしろ進化を加速させる!   水前寺さんありがとう!!!笑 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー リーベのPVが完成しました★ YouTubeに掲載中ですので是非ご紹介等にご活用くださいね♪ ご出演の皆様ありがとうございます。 リーベPV https://youtu.be/aADRv_KhJBw ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介 ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー ■おやまコーチ(藤本真志)のブログ ●フェイスブックページはこちら ■キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ ●フェイスブックページはこちら ■島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ ●フェイスブックページはこちら ■静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ ●フェイスブックページはこちら ■リーベの公式HP http://liebe-japan.com/ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー こんな園内研修を取り入れてみませんか? 明日からすぐに実践可能な「楽しい体づくりのアイディア」が得られる【園内研修】はいかがですか? ■このような悩みを持つ園や先生に!

 

保育士研修でも

「戻ること」に意味を感じる遊び、いつもしてます。

IMG_9853

 

保護者にももっと体験してほしいなぁ。

 

話は変わりますが

「赤ちゃん返り」ってありますよね。

 

下の子が生まれた時に、上の子が赤ちゃんのようになって振る舞う行動。

 

あの、赤ちゃんに「戻る」という行動も
その子の成長において、絶対に意味のある「戻る」なんでしょうね。

 

その時はそうは思えないと思いますが。笑

 

まとめ

飛ばしてしまったら
戻ればいい。

 

ハイハイもやろうと思えば
いつでもできるから。

 

大人もね。

 

本気出せば通勤もいけるかな?笑

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベのPVが完成しました★
YouTubeに掲載中ですので是非ご紹介等にご活用くださいね♪

ご出演の皆様ありがとうございます。

リーベPV
https://youtu.be/aADRv_KhJBw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

■リーベの公式HP

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな園内研修を取り入れてみませんか?

明日からすぐに実践可能な「楽しい体づくりのアイディア」が得られる【園内研修】はいかがですか?

■このような悩みを持つ園や先生に!
・毎日の生活・行事に追われてなかなか運動あそびを取り入れてあげられない
・場所も道具も無いので取り入れられない
・具体的にどのような動きが子どもの発達に良いのかわからず取り入れられない

■選ばれている理由
①3つの不要!場所・用具・準備時間
広い場所も、特別な用具も、準備時間も必要のないアイディアを得られるので、明日からすぐに実践できます。

②毎日の生活の中で無理なく継続
各園の生活に合わせたアイディアを得られるので、普段の生活を崩すことなく(無理なく)毎日継続できます。継続できるからこそ、子どもの体が育ちます。

③先生自身が楽しみながら学べる
楽しいゲームを通じて、先生が実際に体を動かしながらの「体験型研修」なので、遊び感覚で楽しみながらアイディアを得られます。

■実際に体験された保育士さんのお声
・何気ない生活の中でちょっとしたアイディアをプラスするだけで様々な体の部分を使った遊びが広がることを教えてもらいました(京都市内・保育士)

・運動用具をわざわざ準備しなくてできること・・気持ち的に楽になった。(島根県内保育士)

・実際に大人も体を動かすことで、どういう力を使ってどこを鍛えているのかを意識できてよかった。全身を使い、笑い、とても楽しく汗をかきました。あっと言う間でした。(大原野こども園・保育士)

14961413_1134551333308359_1666814017_n

14962257_1134551336641692_395717267_n

お問合せ・お申込み
050-3482-2137(事務所)

(つながりにくい場合は)
090-6207-5218(代表・阪田)

メール
info@liebe-japan.com

 

 - 保護者に読んでもらいたい記事