*

雨の日の子どもとの過ごし方〜100円ショップツアー〜

      2018/07/08

スクリーンショット 2018-07-07 23.51.47

 

休みの日が、雨だと…

子どもと何をして過ごそうか…

と悩みますよね。

 

先日の保護者講演会でも
最後の質問コーナーで聞かれました。

 

だからここで答えておきます。

 

 

アフロと愉快な息子たちとの過ごし方は

(誰が興味あんねん)

 

傘をさして歩いて
近くの100円ショップへGO。

IMG_8237

 

車に乗ってしまいがちな雨降りの日
だからこそ徒歩!

 

だってだって子どもたち
エネルギーあり余ってるでしょ!?

 

アフロ家100円ショップツアーのルール

●使って良い金額:
100円(税込108円)
●買って良い商品:
100円ショップ内にあるもの何でも

 

●注意事項:
大切な100円の使い道を真剣に真剣に考えること
●自分ですること:
清算&購入した商品は自分で持って帰る

IMG_8247

 

往路で面白かったこと

歩きながら、親子4人で
何を買おうか話していたことですかね。

 

長女は、蚊に刺されて痒くなり

100円ショップに「ムヒ」売ってるかな?

やって。笑

 

長男は、水たまりにジャンプをした結果、ズボンがびしょ濡れになり

100円ショップでズボン売ってるかな?

やって。笑

 

次男は先に先に進む兄と姉に

ちょっと待ってぇぇよぉぉ〜〜〜!

をエンドレス絶叫。

 

腹筋が鍛えられたかな?
肺活量もアップかな?笑

 

買い物中に面白かったこと

悩む姿が全員、一丁前なこと。

IMG_8238

2歳の次男、ポーズ決まりすぎやん

 

それから長男が、「のりたまふりかけ」を購入候補に挙げていたこと。

 

復路で面白かったこと

傘をさしながら、
買った商品も持ちながら、
財布も首からかけながら、

みんな重そうだったこと。

 

所用時間

往路:20分

店内にて商品セレクト:60分

復路:20分

 

家から徒歩10分の100円ショップに買い物
全所用時間=100分。笑

 

まとめ

歩く・傘を持つ・商品を持つ
これ全部運動。

 

アホほどある商品の中からたった一つ選ぶ
これ自己決定力

 

何買おうかな?どんなんが売ってるかな?
これ想像力

 

自分で時間をかけて選んだ商品だからこそ
大事にする
これ、ものを大切に扱う力

 

ということで
何でも意味はつく!笑

 

でもね、そんな意味は置いといて、
単純に子どもたちと色んな会話が生まれ、子どもたちの色んな姿を見れて、最高に楽しい癒される時間でした。

 

雨の日は100円ショップツアー
全国で流行らへんかな?

 

ほな子どもの体も育つ
100円ショップも儲かるのに。

 

IMG_8243

100円ショップツアーのスタイルはこれ。
ついでにこれも流行らへんかな。

 

ちょっと関連記事も最後に載せとこ。

歩いて移動するって不思議で新感覚!? | 幼児体育を独自の仕掛けで楽しい「あそび」に大変身!
  前回の記事では この本から感じたことを なんやカッコつけて書きました。   この時代の当たり前は 「本来」なのだろうか?   そして、本来が変わることが 「発展」なのだろうか? http://liebe-japan.com/blog/?p=1669 答えはないですが それについて考えることって すっごく大事な気がします。   で今回は…   本とタッチパネルの違い この本、タブレットやスマホのタッチパネルで遊ぶ時と、全く同じ行動をさせるんですね。   ○(絵)を指で押したり 本を傾けたり、 本を振ったり。   スマホやタブレットで言うところの ボタンをクリックする 画面を傾ける タブレットを振る。   でも大きな違いがあるんです。   それは…   ページをめくる という作業が入ること。   スマホやタブレットでは クリックすれば勝手に画面は変わる。   傾けても 振っても それに反応して すぐに画面が切り変わる。     一方で、まるまるまるの本は… 押しても 傾けても 振っても 自らページをめくらない限り 画面は切り替わらない。   立場、逆転!? スマホやタブレットが出た当時、 それらが人々の心を掴んだのは   ページをめくる という本来がありながら ページをめくらなくても 画面が自動的に切り変わる   ということが 不思議で、新感覚で楽しかったのだろう。   でも今や立場逆転!? ページをめくることの方が 不思議で新感覚な気がする。   そしてそれが楽しいのか。   運動でも 今や「ちょっと近くへ」 も車に乗るのは当たり前。   保育園の送迎だって 車や園バスが当たり前。 そして本来になっている。     ならば、 歩いて移動する という行動が、不思議で新感覚で 人々を惹きつける楽しいこと にもっとならないだろうか。   そうしたら もっと子どもどもたちの心身は 良い方向に向かうのでは!?   まだ続きが。 本とアプリの違い は次回!     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベのPVが完成しました★
YouTubeに掲載中ですので是非ご紹介等にご活用くださいね♪

ご出演の皆様ありがとうございます。

リーベPV
https://youtu.be/aADRv_KhJBw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

■リーベの公式HP

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな園内研修を取り入れてみませんか?

明日からすぐに実践可能な「楽しい体づくりのアイディア」が得られる【園内研修】はいかがですか?

■このような悩みを持つ園や先生に!
・毎日の生活・行事に追われてなかなか運動あそびを取り入れてあげられない
・場所も道具も無いので取り入れられない
・具体的にどのような動きが子どもの発達に良いのかわからず取り入れられない

■選ばれている理由
①3つの不要!場所・用具・準備時間
広い場所も、特別な用具も、準備時間も必要のないアイディアを得られるので、明日からすぐに実践できます。

②毎日の生活の中で無理なく継続
各園の生活に合わせたアイディアを得られるので、普段の生活を崩すことなく(無理なく)毎日継続できます。継続できるからこそ、子どもの体が育ちます。

③先生自身が楽しみながら学べる
楽しいゲームを通じて、先生が実際に体を動かしながらの「体験型研修」なので、遊び感覚で楽しみながらアイディアを得られます。

■実際に体験された保育士さんのお声
・何気ない生活の中でちょっとしたアイディアをプラスするだけで様々な体の部分を使った遊びが広がることを教えてもらいました(京都市内・保育士)

・運動用具をわざわざ準備しなくてできること・・気持ち的に楽になった。(島根県内保育士)

・実際に大人も体を動かすことで、どういう力を使ってどこを鍛えているのかを意識できてよかった。全身を使い、笑い、とても楽しく汗をかきました。あっと言う間でした。(大原野こども園・保育士)

14961413_1134551333308359_1666814017_n

14962257_1134551336641692_395717267_n

お問合せ・お申込み
050-3482-2137(事務所)

(つながりにくい場合は)
090-6207-5218(代表・阪田)

メール
info@liebe-japan.com

 

 - 毎日できる運動遊びネタ