*

立場逆転を楽しめる大人って、めちゃええ。

   

スクリーンショット 2018-07-05 0.21.48

 

前回の記事では

親子指導のポイントは、親と子の立場逆転現象を起こせるかどうかだ

というお話をしました。

親子指導のポイントは、親と子の〇〇現象を起こせるかどうか。 | 幼児体育を独自の仕掛けで楽しい「あそび」に大変身!
  親子指導のポイントは 親と子の立場逆転現象を起こせるかどうかですね。   前回の記事は お互いの立場なんて 関係なくなっちゃう、忘れちゃう! そんな時間てすっごく大事ですよね!   というお話をしました。   詳しくはこちら http://liebe-japan.com/blog/?p=1789   で今回はその続編!   親子ふれあい遊びでも 最近、特にニーズが多い 親子ふれあい遊びでも   親とか大人とか、子どもとか 全く関係なくなっちゃうよう意図的に仕掛けてマス。 ↑2歳親子のプログラム、モザイクだらけですんません。笑   上記写真のように、フープって 子どもの方がくぐり抜けるの簡単で、 大人の方が難しいです基本。   しかも「必ず親子で手を繋いでくぐる!」 というルールも設定してるので 親が子どもに迷惑をかけちゃう構図 が生まれます。笑   挙げ句の果てには、2歳児に、 もうええわ、、、 と親が見切られ、手を離され 置いてけぼりをくらう♩ ちょっと待ってよう~手繋いでよぅ~ と2歳児に追いすがる親の姿はモゥ 最高ですね♩   立場関係なくなっちゃうを超えて 立場逆転です!   そんな姿に、子どもも、周りで見ている大人も、2歳児に追いすがる本人も(笑) 気づけば笑顔になっています。   まさにリーベの目指す 関わるみんなが自然と楽しくなっちゃう活動になるわけです。     親子指導のポイントは間違いなく 親と子の立場逆転現象を起こせるかどうかですね。     ついでに… 先日2児のパパになったばかりのお山コーチも よくこんな感じなりますね。 ↓   横からのアングルも欲しいでしょ? ↓   お山コーチの 突っ込む勇気に拍手です。   で、この後のお山コーチはもちろん 誰か助けてーーー と子どもに救いの手を求めるのみ。   完全に立場逆転なわけです。   大人が教える立場!? 子どもが教えられる立場!? そもそも立場ってなんやねん!   その立場、誰が決めたんや。   ま、そんなもんはどっちでもええ、

で、今回は
我が家で起こった立場逆転現象!について

 

ブロックスというゲーム

先日、久々に家族で
このゲームしてました。

 

ブロックス

IMG_8051

簡単に言えば、陣取りゲーム。
自分の手持ちブロックを
どれだけスペースに置けるかを競うんです。

 

勝負のポイントは、相手のスペースを
どれだけ消す(ブロックする)ことができるか。

 

2つブロックからブロックス
って名付けられたんですかね(推測)

 

でね、ブロックスには大事なルールがありまして

新たにスペースに置くブロックは、、既においてある自分のブロックの「角」と繋げないとブー

 

で、こーなるわけですが↓

IMG_8051

 

普通は…

白い枠組みの中に
ブロックをはめ込んで行くんです。

 

が…
右上の青ブロックに注目!!

IMG_8050

娘の一手は、
白い枠組みを完全に無視した豪快な一手。

 

この一手打った瞬間、家族みんなで

ちゃうちゃうーーー!そんなとこ置けへんわっ

って突っ込みました。

 

が、

娘の反撃

え!!!なんでなあかんの!?「角」やん!繋がってるやん!!

と娘が猛烈に反撃!!!

 

よーく見ると一同唖然。
あ…ほんまや…
全部「角」で繋がってる…うせやん…

IMG_8050

 

すんませんっっっ

と気づけば謝っていましたね、
ドヤ顔の4歳の娘に…笑

 

そんなこともあって
娘大満足〜&大盛り上がりのブロックスでした。

 

立場逆転はやっぱり面白い。

 

そして立場逆転を楽しめる大人て、
めちゃええやん!です。

 

あ、それ、僕のことね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベのPVが完成しました★
YouTubeに掲載中ですので是非ご紹介等にご活用くださいね♪

ご出演の皆様ありがとうございます。

リーベPV
https://youtu.be/aADRv_KhJBw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

キャンディーコーチ(小林拳大)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

■リーベの公式HP

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな園内研修を取り入れてみませんか?

明日からすぐに実践可能な「楽しい体づくりのアイディア」が得られる【園内研修】はいかがですか?

■このような悩みを持つ園や先生に!
・毎日の生活・行事に追われてなかなか運動あそびを取り入れてあげられない
・場所も道具も無いので取り入れられない
・具体的にどのような動きが子どもの発達に良いのかわからず取り入れられない

■選ばれている理由
①3つの不要!場所・用具・準備時間
広い場所も、特別な用具も、準備時間も必要のないアイディアを得られるので、明日からすぐに実践できます。

②毎日の生活の中で無理なく継続
各園の生活に合わせたアイディアを得られるので、普段の生活を崩すことなく(無理なく)毎日継続できます。継続できるからこそ、子どもの体が育ちます。

③先生自身が楽しみながら学べる
楽しいゲームを通じて、先生が実際に体を動かしながらの「体験型研修」なので、遊び感覚で楽しみながらアイディアを得られます。

■実際に体験された保育士さんのお声
・何気ない生活の中でちょっとしたアイディアをプラスするだけで様々な体の部分を使った遊びが広がることを教えてもらいました(京都市内・保育士)

・運動用具をわざわざ準備しなくてできること・・気持ち的に楽になった。(島根県内保育士)

・実際に大人も体を動かすことで、どういう力を使ってどこを鍛えているのかを意識できてよかった。全身を使い、笑い、とても楽しく汗をかきました。あっと言う間でした。(大原野こども園・保育士)

14961413_1134551333308359_1666814017_n

14962257_1134551336641692_395717267_n

お問合せ・お申込み
050-3482-2137(事務所)

(つながりにくい場合は)
090-6207-5218(代表・阪田)

メール
info@liebe-japan.com

 

 - ふとした気づき