*

支援児が楽しんでいることに気付く大人でありたい

      2017/05/09

アイキャッチ画像

 

子どもの「楽しみ」は
みんな違う。

 

それぞれの楽しみに
気付くセンサーを
大人が持っているかどうか。

 

担任の先生との電話でのやりとり

担任の先生

「肢体不自由の子が1名いるんですけど、リーベの運動あそびなら充分楽しめると思うので大丈夫ですよね♪」

アフロコーチ

「もちろんです♪」

 

会話はこれだけ。

 

この会話はというと

・・・
翌日から始まる運動あそび指導に向けて、
契約園さんに確認の電話をしたときの
担任の先生と私(アフロコーチ)のやり取りです。

 

で、

 

電話を切った後
嬉しさがこみ上げてきました。

 

嬉しさがこみ上げてきた理由

担任の先生が
今までのリーベの運動あそびを見て、

肢体不自由の子も充分楽しめる

と感じて下さった事が
嬉しくて。

 

あの子のこと

運動あそび楽しんでるっ♪

と捉えて下さっていたことが
嬉しくて。

 

子どもそれぞれの「楽しみ」に
「喜び」に
気付くセンサーを
お互いに持っていた証拠。

 

 

センサーが無かったら
できていない
楽しんでいない

って捉えられていただろう。

 

だって表面上は
動いていなかったから。

 

でも
運動の時間だからって
体を動かしていないと
×なのか?

 

そんなことない。

 

リーベ式運動あそびでは

皆がみんな
いっしょの事をできなくっていい。

 

肢体不自由の子も
耳が聞こえない子も
目が見えない子も

誰だって

それぞれの楽しみがあって
それぞれの喜びがある。

 

他の子より優れている面だって
いっぱいある。

 

この5年間で
たくさんの子どもたちに出会いました。

 

そして
いっぱい見てきましたヨ。
優れている面。

一緒にできる場面。

 

それぞれの楽しみ・喜び

上手に体を動かせたことが最高!

の子もいれば

 

動けなくっても

その場に居ることができただけで最高!

の子もいる。

 

それを的確に
見極められる大人
ありたいですね~

 

今年度も役割はイッショ!!

子どもたちそれぞれの楽しみに
気付くことができる!
そんな存在でありたい。

 

子どもの「楽しみ」は
みんな違う。

 

それぞれの楽しみに
気が付くセンサーを
大人が持っているかどうか。

 

ん?
いや、待てよ。
子どもそれぞれの楽しみに

気付こうとする自分
気付くことができたときの自分

が好きなのかもですね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびのコーチ仲間ブログ紹介
ーそれぞれの地域で熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ
●フェイスブックページはこちら

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ
●フェイスブックページはこちら

静岡県・おちゃコーチ(高橋亮祐)のブログ
●フェイスブックページはこちら

■大阪府・サボテンコーチ(迫義大)のブログ【準備中】
●フェイスブックページ【準備中】

■リーベの公式HP

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな園内研修を取り入れてみませんか?

明日からすぐに実践可能な「楽しい体づくりのアイディア」が得られる【園内研修】はいかがですか?

■このような悩みを持つ園や先生に!
・毎日の生活・行事に追われてなかなか運動あそびを取り入れてあげられない
・場所も道具も無いので取り入れられない
・具体的にどのような動きが子どもの発達に良いのかわからず取り入れられない

■選ばれている理由
①3つの不要!場所・用具・準備時間
広い場所も、特別な用具も、準備時間も必要のないアイディアを得られるので、明日からすぐに実践できます。

②毎日の生活の中で無理なく継続
各園の生活に合わせたアイディアを得られるので、普段の生活を崩すことなく(無理なく)毎日継続できます。継続できるからこそ、子どもの体が育ちます。

③先生自身が楽しみながら学べる
楽しいゲームを通じて、先生が実際に体を動かしながらの「体験型研修」なので、遊び感覚で楽しみながらアイディアを得られます。

■実際に体験された保育士さんのお声
・何気ない生活の中でちょっとしたアイディアをプラスするだけで様々な体の部分を使った遊びが広がることを教えてもらいました(京都市内・保育士)

・運動用具をわざわざ準備しなくてできること・・気持ち的に楽になった。(島根県内保育士)

・実際に大人も体を動かすことで、どういう力を使ってどこを鍛えているのかを意識できてよかった。全身を使い、笑い、とても楽しく汗をかきました。あっと言う間でした。(大原野こども園・保育士)

14961413_1134551333308359_1666814017_n

14962257_1134551336641692_395717267_n

お問合せ・お申込み
050-3482-2137(事務所)

(つながりにくい場合は)
090-6207-5218(代表・阪田)

メール
info@liebe-japan.com

 

 

 - 大事にしている考え・想い