*

【子どもを認めるポイント】できた瞬間を見逃すな!のその前に…

      2016/09/29

DSC_1317

 

幼児期の運動では

今できること
をとことん楽しむ


そんな環境が
もっともっと必要だと感じています。

 

とある研修を聞きに行ったときのこと

子どもの【運動有能感】を育てるために
子どもの「できた瞬間」を見逃すな!

・・・
と講師の方が言っておられました・・・。

 

ん?待てよ、、、

 

できた瞬間を見逃してはいけないのは
よくよくわかるが、、、

 

現在の幼児体育現場では・・・

そもそも子どもたちが「できた瞬間」って
現在の幼児体育現場にそれほど多くあるのだろうか?

 

練習して練習して
やっと何かができるようになるプログラム
ではできた瞬間はあまりに少なすぎる…

0a8e3ee03a09d7bebfd426483451a2d3_s

 

また指導者はその過程で

がんばったらきっとできるようになるよ!

諦めずに続ける事が大事だよ!

努力は無駄にならないから!

 

といった励ましの言葉を子どもにかける。

 

でも
励ますは、認めるじゃないし
励まされても、自信はつかない。

 

子どもたちに必要なのは
小さな成功体験の積み重ね。

 

だったら考えることは一つ!

 

子どもたちが今できること
をすればいい。

 

IMG_2659
できることするのだから、
できる瞬間は必然的に多くなる。

 

できる瞬間
もっともっと増やすべき!

 

で、いっぱい認められ
どんどん楽しくなり
自信が湧いてきて初めて
少し難しいことにも挑戦する基盤ができる。

 

今、私たち(指導者)は何をすべきか?

幼児期の運動では
子どもたちが

今できること
をとことん楽しめる

そんな環境を
もっともっと提供すべき。

 

DSC_1317

 

できない事を
練習を重ねできるようにさせるばかりでは
子どもたちは苦しい。

 

もちろん指導者も苦しい。

 

【今できる事】を繰り返して
できなかったことが
いつの間にか出来るようになっている。

 

人間の成長ってそんなもん。

 

 

できない事を
出来るようにさせること

なんかよりも

できる事を
一緒に楽しむ

ことの方がよっぽど大切だと考えてます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リーベ式運動あそびの指導者仲間ブログ紹介
ーそれぞれが熱い想いをもって活動してますー

おやまコーチ(藤本真志)のブログ

島根県・こぶたコーチ(小川優)のブログ

■リーベ・HPはこちら

 

 - 子どもを認めるポイントシリーズ